タグ・ホイヤー

ヴィンテージ コレクション

ホイヤー オータヴィア

ヴィンテージ ホイヤー オータヴィア

1962年に発表されたオータヴィア クロノグラフは、20年以上にわたる製造期間を通して、クロノグラフの人気を高めた各種機能を備えていました。

詳細を見る
モンツァ

ヴィンテージ ホイヤー モンツァ

1964年以来初のコンストラクターズチャンピオンおよびフォーミュラ1 チャンピオンに輝いたフェラーリの歴史的偉業を讃えて1976年に発表された「モンツァ」コレクション。

詳細を見る
タグ・ホイヤー モナコ

ヴィンテージ ホイヤー モナコ

1969年にホイヤーが初の自動巻クロノグラフを発表したとき、オータヴィアとカレラに大型のクロノマチック キャリバー11を搭載するための新しいケースを採用しました。そしてモナコは全く新しいモデルとして、その斬新なフォルムとカラーで1970年代のホイヤーを牽引する新しいムーブメントを表現するためにデザインされました。

詳細を見る
ホイヤー デイトナ

ヴィンテージ ホイヤー デイトナ

1976年に発表され、伝説的なサーキットに因んで名付けられた「デイトナ」クロノグラフは、第3世代におけるホイヤーのアプローチを体現しています。

詳細を見る
タグ・ホイヤー カレラ リエディション:1996年~2002年

タグ・ホイヤー カレラ (1996年~現在)

1996年にカレラが復刻されて以来、タグ・ホイヤーは、オリジナルモデルへのシンプルなオマージュから、常にカレラの原点を忠実に守りながらも、最先端の素材や計時技術を採り入れた独自のアイデンティティを持つさらに進化したモデルまで、カレラ コレクションを展開してきました。

詳細を見る
ヴィンテージ ホイヤー コルティナ

ヴィンテージ ホイヤー コルティナ

コルティナは、富裕層の人々が毎年スキーを楽しむために訪れるイタリアの山岳都市にその名を由来します。ウィンタースポーツモデルをラインナップに加えたいと考えていたホイヤーにとって、1977年に発表したこの新モデルにイタリアのシックなリゾート地の名を冠すのは至極理に適ったことでした。

詳細を見る
ヴィンテージ ホイヤー モントリオール

ヴィンテージ ホイヤー モントリオール

1972年に発表されたキャリバー12を搭載したモントリオール クロノグラフは、1970年代のワイルドなスタイルとカラーをホイヤーが最も大胆に具現化したモデルです。1974年に登場した、より抑制の効いたモデルでは、この美学がやや弱まりました。

詳細を見る
ホイヤー イージーライダー

ヴィンテージ ホイヤー イージーライダー

日本で製造されるこれまでになかったクォーツウォッチに対抗し、若年層にアピールする手頃な価格の時計を開発するという1970年代のホイヤーを振り返ると、その努力は多方面にわたって成功を収めたと言うことができます。

詳細を見る
ホイヤー シルバーストーン

ヴィンテージ ホイヤー シルバーストーン

「モナコ」の後継モデルとして1974年に発表された「シルバーストーン」クロノグラフは、「モナコ」の奇抜な要素を緩和させたモデルです。

詳細を見る
ホイヤー ソルナール

ヴィンテージ ホイヤー ソルナール

ホイヤーのカタログがクロノグラフ一色だった時代に、唯一ホイヤーが作っていたウォッチとして、ソルナールは、1970年代のホイヤーのコレクションの中で異彩を放っていました。

詳細を見る
ホイヤー ハラマ

ヴィンテージ ホイヤー ハラマ

ハラマは、スペインの伝説的なF1サーキットのスポーティなエネルギーと、カントリークラブや豪華なバケーション先にふさわしいクロノグラフのエレガンスを併せ持つタイムピースとして、このシリーズの一翼を担っています。

詳細を見る
カレラ 1964

タグ・ホイヤー カレラ リ・エディション 1996

1996年、タグ・ホイヤーは、ヘリテージカタログから復刻させるのに最適な時計として1963年の「カレラ」を選びました。それは、とても自然な選択でした。カレラの時代を超えたデザインは、30年前のものであるにも関わらず、20世紀末にも同じように人気を博すということが証明されました。

詳細を見る
ホイヤー カマロ

ホイヤー カマロ

「カマロ」は1960年代に発表された特別なクロノグラフです。手巻モデルとしてのみ提供され、ホイヤー カタログへの掲載期間は比較的短かったものの、この間、多彩なモデルが登場しています。

詳細を見る
ホイヤー デジタルウォッチ

ヴィンテージ デジタルウォッチ

スイスの時計メーカーがクォーツ式時計、デジタル表示やアナログとデジタル表示混在のクロノグラフを製造し始めた頃、ホイヤーは独自のポジションを確立していました。

詳細を見る
ホイヤーとタグ・ホイヤー チタン

ホイヤーとタグ・ホイヤー チタン

「チタン」コレクションの誕生は、ホイヤーにとって興味深い時代の始まりを告げるものとなりました。1978年から1983年にかけてのダイバーズウォッチの成功により、ホイヤーは、多くの有力スイス時計ブランドが市場から姿を消した1970年代を生き抜いたブランドとして位置づけられるようになります。

詳細を見る
ホイヤー&タグ・ホイヤー エグゼクティブ

ホイヤー&タグ・ホイヤー エグゼクティブ

「エグゼクティブ」は、様々な点で過渡期に位置するコレクションです。1978年から1984年にかけて3つのダイバーズウォッチ コレクションを開発した後、ホイヤーはエグゼクティブ コレクションで、プレミアムなウォッチやクロノグラフとして位置づけられるエレガントなスタイルで高級ウォッチ市場をターゲットとするようになります。

詳細を見る
ヴィンテージ タグ・ホイヤー フォーミュラ1

ヴィンテージ タグ・ホイヤー フォーミュラ1

1986年のシンプルなグラスファイバー製ウォッチから、タグ・ホイヤーの最先端自動巻ムーブメントを搭載した最新のクロノグラフまで、タグ・ホイヤー フォーミュラ1 のウォッチとクロノグラフは、モータースポーツの精神とエネルギーを並ぶもののない独自の手法で捉えています。

詳細を見る
ヴィンテージ タグ・ホイヤー アクアレーサー

ヴィンテージ タグ・ホイヤー アクアレーサー

ホイヤーは1978年に初のダイバーズウォッチを発表し、実用性第一の1000シリーズ モデルを登場させると、1982年にはファッションの要素をプラスし、より広くアピールする2000シリーズを投入することで、ダイバーズウォッチのコレクションを充実させます。

詳細を見る
ヴィンテージ ホイヤー ケンタッキー

ヴィンテージ ホイヤー ケンタッキー

「ケンタッキー」は、ホイヤーのヴィンテージ クロノグラフの中でも異彩を放つコレクションです。1960~70年代のホイヤーのクロノグラフと言えばモータースポーツに関連するものというイメージがありますが、「ケンタッキー」は、19世紀後半からホイヤーのストップウォッチやクロノグラフがよく使われていた"競馬のタイム計測"と関係しています。

詳細を見る

ヴィンテージ タルガ フローリオ

タグ・ホイヤーの「タルガ フローリオ」クロノグラフは、3つの独特なソースからインスピレーションを得て、様々な演出が施され、シチリアの有名なロードレースと伝説のドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオにオマージュを捧げる一方、クロノグラフのデザインは1930年代にホイヤーがパイロットのために製作した「フリーガー」クロノグラフをベースにしています。

詳細を見る
タグ・ホイヤー S/el

タグ・ホイヤー S/el

ホイヤーのダイバーズウォッチ シリーズは、1978年、比較的シンプルな「1000シリーズ」から始まりました。ホイヤーが時計業界や世界経済の厳しい状況を乗り越えられたのは、ダイバーズウォッチのおかげですが、1986年1月1日に、テクニーク・ダバンギャルド(TAG) 社がホイヤーを買収したことで、会社の存続が保証されました。

詳細を見る
タグ・ホイヤー スーパープロフェッショナル

タグ・ホイヤー スーパープロフェッショナル

ホイヤーは1978年にRef. 844でダイバーズウォッチ事業に参入し、1982年には1000mの防水性を達成しましたが、こうした初期のモデルは全て、それ以前の数十年間に開発されたダイバーズウォッチの伝統的なスタイルを踏襲していました。そうした従来のスタイルのダイバーズウォッチからホイヤーがプロ仕様のモデルへと移行できることを実証したのが「スーパープロフェッショナル」でした。

詳細を見る
タグ・ホイヤー1000シリーズ

タグ・ホイヤー1000シリーズ

ホイヤーとタグ・ホイヤーのダイバーズウォッチ「1000シリーズ」は、ブランドの歴史において重要な役割を果たしています。スイスの機械式クロノグラフが産業的、経済的に困難な状況にある中、このカテゴリーの時計にほとんど素人といった状態でタグ・ホイヤーが開発したダイバーズウォッチ「1000シリーズ」は、比較的手ごろな価格だったこともあり、瞬く間に大成功を収めます。

詳細を見る
ヴィンテージ タグ・ホイヤー オータヴィア

ヴィンテージ タグ・ホイヤー オータヴィア

1962年に「オータヴィア」クロノグラフを発表したことは、ホイヤーの歴史において画期的な出来事となっています。ホイヤーは20年以上にわたってオータヴィアを製造してきましたが、その間、ラウンドスクリューバックケース、スナップバックコンプレッサーケース、そしてホイヤー初の自動巻ムーブメントを収納したC型ケースの3世代を経てきました。

詳細を見る
タグ・ホイヤー1500 シリーズ

タグ・ホイヤー1500 シリーズ

ホイヤーは1970年代後半にダイバーズウォッチ「1000シリーズ」の製造を開始し、この最初のコレクションが人気を博したことから、1982年にはよりファッション性の高い「2000シリーズ」を発表します。1990年になると、1000シリーズを廃止する準備を整えましたが、それは、ツールウォッチのようなこのコレクションの外観が、スタイリッシュな2000シリーズと釣り合いが取れないと考えられたからです。これによって、1000シリーズの実用性と2000シリーズのスタイルを兼ね備えたものとして、1500シリーズが開発されることになります。

詳細を見る
タグ・ホイヤー3000 シリーズ

タグ・ホイヤー3000 シリーズ

3000シリーズのダイバーズウォッチとクロノグラフは、タグ・ホイヤーブランドの歴史の中で興味深い位置を占めています。1984年に発表されたこうした時計は、ホイヤーからタグ・ホイヤーへの移行を示すと同時に、1960年代から70年代にかけてのクラシックなクロノグラフから、タグ・ホイヤーが今後提案していくことになる斬新なスタイルのダイバーズウォッチやクロノグラフへの転換を示すものでもありました。

詳細を見る