タグ・ホイヤーの人権ポリシー

タグ・ホイヤーでは、個人の権利を尊重した事業運営を行っています。また、個人の権利の発展と保護に欠かせない社会的および公衆衛生状態の継続的な改善を促進しています。
タグ・ホイヤーは、その事業活動が社会に対して直接的または間接的に悪影響を与える可能性を特定し、そのような悪影響を防止、または必要に応じて改善するために常に注意を払っています。

タグ・ホイヤーは、世界人権宣言を尊重および推進し、国連グローバルコンパクトおよびUNIFEMが共同で作成した女性のエンパワーメント原則を遵守します。 タグ・ホイヤーは、その影響力の範囲内で、これらの文書で推進されている価値観、自由、基本的権利を支援しています。

1. 人権

タグ・ホイヤーでは、十分に考慮した上で、次のような人権侵害を非とすることを宣言します。

児童労働の禁止: 16歳未満の児童による労働は固く禁じられています。これには、特にILO第182号条約で定義されている最悪の形態の児童労働が含まれます。 地域の法律によって児童労働の年齢が高く設定されている国、または義務教育の完了年齢が16歳以上に設定されている国では、その最高年齢が適用されます。 児童の身体的、精神的、道徳的な健康、安全、または道徳を危うくする可能性のある労働を、18歳未満の者が行うことは禁じられています。

強制労働の禁止: ILO第29号条約で定義されているあらゆる強制労働を課すこと、奴隷制度、奴隷、または人身売買、業務の強要、賃金の差し押さえ、強制的な残業、身分証明書または労働許可証の差し押さえ、もしくは労働者に保証金を要求したり、その他のあらゆる制約を課すことは厳しく禁止されています。 すべての労働者は、自由に雇用を承諾することや、拒否することが出来ます。

ハラスメントや虐待の禁止: タグ・ホイヤーは、自社の労働者、請負業者、および自社が活動する地域社会を尊重し、尊厳をもって処遇します。 タグ・ホイヤーは、いかなる形態の体罰、身体的、性的、言葉によるまたは心理的なハラスメント、拷問、残酷で非人道的・屈辱的な処遇、またはその他の種類の虐待を容認することも、またはこれらに関与することもありません。

差別の禁止: タグ・ホイヤーは、全ての労働者を平等かつ公正に扱います。 タグ・ホイヤーは、性別、人種、民族、宗教、年齢、障害、性的指向、所属政党、労働組合への加入、国籍、性的アイデンティティ、移民の地位、または社会的背景に基づいて、特に賃金、雇用、研修への参加、昇進、母性保護、解雇に関して、いかなる種類の差別も行いません。

結社の自由: タグ・ホイヤーは労働者が団体で交渉すること、また、制裁、差別、ハラスメントを受けることなく選択した労働組織を設立またはそれらに参加する権利を有することを尊重し、認めています。

2. 労働基準と社会的責任

タグ・ホイヤーは、事業活動を行う上で模範的な社会的責任を提示しています。 違法、内密、および無申告な雇用の禁止: タグ・ホイヤーは違法、内密、および無申告な雇用を防ぐために、適用されるすべての規制を遵守します。

賃金と福利厚生: タグ・ホイヤーは、最低月に1回以上の定期的な賃金を支払い、時間外労働時間については、労働者に対して法定レートで補償し、労働者の福利厚生に関する全ての法的要件を満たしています。 該当する国に法定最低賃金または時間外勤務の法定レートがない場合には、賃金は最低でも関連する産業部門の平均最低額と同等、時間外勤務手当は通常の時間給と同等であることを保証します。 賃金の差し押さえを懲罰として課すことは禁止します。 タグ・ホイヤーは、全ての労働者が、該当する団体協約、会社協約、およびその他の該当する交渉済みの個人または団体協約で規定された手当を受け取ることを保証します。

労働時間: タグ・ホイヤーは、労働時間に関して適用される地域のすべての法律および規制を遵守します。これは、いかなる場合でも、国際労働機関などの国際的に認められた基準によって設定された最大値を超えないものとします。 タグ・ホイヤーでは、過剰な残業時間を課すことは禁止されています。 残業を含む週あたりの総労働時間数は、法定制限を超えることはできません。 労働者は、適用される法律で定められた最短の休業日を取得する権利があり、少なくとも7日間ごとに最低1日の休業日が必要です。

健康と安全の確保: タグ・ホイヤーは、機材の操作や業務に関連する出張などを含め、業務によって引き起こされる、業務に関連する、または業務に起因する事故や人身傷害を回避するために、安全で健康的な職場環境を労働者に提供します。 タグ・ホイヤーは、スタッフの健康、衛生、安全に対するリスクを構成するあらゆる危険を検知し、可能な限りそれらを回避および軽減するための手順とトレーニングを設定しています。 この点に関して、すべての地域および国際的な規制と法律を遵守する必要があります。 これらと同じ原則が、サプライヤーやビジネスパートナーにも適用されます。

タグ・ホイヤーは、ステークホルダーの監査を実行して、リスクと改善の機会をより適切に特定、評価、予測し、パートナーに関する詳細な情報を確保します。 これらの手順によって、タグ・ホイヤーはパートナーのパフォーマンスが要件に沿っていること、特に倫理、社会および環境問題、人権の尊重に関して、ベストプラクティスを尊重していることを確認することが出来ます。 これらの管理を通じて、タグ・ホイヤーはパートナーが軽微な不適合を解決するためのベストプラクティスの実装および適用を支援することも出来ます。 これらの基準と遵守は、タグ・ホイヤーとそのパートナー間の契約で規定されています。

タグ・ホイヤーは、ステークホルダーの期待値を適正なものにする上でオープンで透明なアプローチを採用しています。 したがって、人権に関するタグ・ホイヤーの直接的および間接的な行動から生じる可能性のある影響に関する懸念は、次のいずれかで提起されます:

  • 匿名で - 事案の説明と根拠となる証拠を提出する;
  • 非匿名で - 名前、連絡先、事案の説明と根拠となる証拠を提出する。

報告は次の方法で提出できます

  • メール:grievances@tagheuer.com
  • 郵便: タグ・ホイヤー– 社内管理部門 – Rue Louis-J.-Chevrolet 6A, 2300 La Chaux-de-Fonds, Switzerland

タグ・ホイヤーはこれらの報告を取り扱う際に、法律で要求されない限り、報告当事者の身分を保証し、あらゆる形の報復から報告当事者を保護するように行動します。 タグ・ホイヤーは、最低でも5年間はこれらの報告の記録を保存します。 個人情報は、適切な権限を与えられた担当者によって、現在適用される個人情報保護法の原則に従って処理されます。 個人情報は公開されず、タグ・ホイヤーが適切な安全対策を講じて保持します。

報告の性質によっては、関連する社内の部署が調査プロセスに関与する場合があります。 タグ・ホイヤーは、人権の範囲外または十分な証拠のない報告については調査しない権利を留保します。

報告調査プロセスはタイムリーかつ効率的な方法で管理され、非匿名の報告当事者には調査プロセスの結果が通知されます。

タグ・ホイヤー ニュースレター

タグ・ホイヤーから会員の皆様にお送りするメールマガジンです。会員の皆様に、新作や限定モデル、魅力あるキャンペーンなど様々な情報をいち早くお届けします。

タグ・ホイヤー正規販売店

お近くの販売店の住所・営業時間をご案内します。

正規販売店を検索する >