字幕_
  • 第I章1860年 - 1887年強固な地盤

    1860年にエドワード・ホイヤーが創業した会社は「家族経営」と「技術革新」という2つの基盤を拠り所としていました。 こうした基盤は、創業当初だけでなく、その後何十年にも亘り、会社の発展に寄与してきました。

    スクロールして見る
  • 1860年 - ホイヤー誕生

    エドワード・ホイヤーは、20歳で主にシルバーで懐中時計を製造する自身の時計工房をサンティミエに開きました。

  • 1869年 - 初の特許

    1869年、エドワード・ホイヤーは、時計製造の方向性を変えることになった、鍵を使わないリューズによる巻き上げ機構で特許を取得しました。

  • 1887年 - クロノグラフの完成

    1887年、ホイヤーは、プッシュボタンを押すと同時にクロノグラフをスタート/ストップさせる「振動ピニオン」で特許を取得しました。

  • 第II章 1887年 - 1933年世界レベルの精度

    20世紀への移行と共に、工業生産、輸送、科学、医薬などの分野で技術革新がもらされ、これによってより正確な計時が求められるようになりました。 スポーツの分野でも、勝敗の帰趨や世界記録が100分の1秒単位で決まるようになってきたことから、より精確で信頼性の高い計時装置が欠かせなくなりました。

    スクロールして見る
  • 1911年 – タイム・オブ・トリップ

    自動車や飛行機での旅行が本格化すると、ホイヤーは新世代車両のダッシュボートに取り付けられる計器を開発しました。

  • 1916年 - マイクログラフとマイクロスプリット

    スポーツ計時の様々な分野同様、工業生産や射撃計算でもより高精度のストップウォッチが求められるようになりました。

  • 第III章 1933年 - 1958年より幅広く、より深層に

    ストップウォッチや懐中時計だけでなく、限定的ではあったもののクロノグラフ腕時計も掲載されたカタログで、ホイヤーはその時代の幕を開けました。 これ以降の数十年に亘り、ホイヤーはクロノグラフ腕時計シリーズを大幅に拡充させることで、クロノグラフの分野で世界を牽引するリーダーとなりました。

    スクロールして見る
  • 1933年 - ダッシュボード オータヴィア

    1933年、ホイヤーは「オータヴィア」を発表しました。その名前は、その後数十年に亘り、カタログを飾り続けることになります。

  • 1949年 - ソルナール

    カラフルな新作ウォッチは「ソルナール」と名付けられました。 猟師、漁師、船乗りたちは月相や潮の満ち引きを追跡することで重要な情報を得ることができます。

  • 1957年 - リングマスター

    1957年、ホイヤーは、様々なイベントの計時を行うために鮮やかなカラーの交換可能なリングをセットすることができる、全く新しいタイプのストップウォッチを発表しました。

  • 第IV章 1958年 - 1969年黄金期

    1958年、ホイヤーにとって新たな時代が幕を開けました。 ジャック・ホイヤーがこの同族企業の4代目社長となりました。 この10年の間、伝説のストップウォッチやラリーの世界を席巻していたダッシュボードタイマーのデザインに革新性が採り入れられ、新しいクロノグラフモデルが登場します。

    スクロールして見る
  • 1958年 - ホイヤー第四世代

    ジャック・ホイヤーが正式に、エドワード・ ホイヤー社の 4代目社長に就任しました。

  • 1962年 - 冒険のためのツール

    「オータヴィア」クロノグラフは、コレクション名を冠したホイヤー初のクロノグラフです。

  • 1963年 - レーシングのロマン

    1963年、ホイヤーは、レーシングのロマンとスリルを捉えたクロノグラフ「ホイヤー カレラ」を発表しました。

  • 第V章 1969年 - 1985年多彩な時代

    1969年、ホイヤーは、世界初の自動巻クロノグラフ「オータヴィア」「ホイヤー カレラ」「モナコ」モデルを発表しました。 1970年代に入るとホイヤーは、1960年代のクラシックなブラック&ホワイトから鮮やかなカラーと大胆なシェイプへと素早く転身を遂げました。

    スクロールして見る
  • 1969年 - キャリバー 11:初となる自動巻クロノグラフ

    ホイヤーをリーダーとするジョイントベンチャーが、キャリバー11(クロノマティック)ムーブメントを搭載した初の自動巻クロノグラフを世界市場に向けて発表しました。

  • 1969年 - モナコとマックイーン

    3つのモデルはホイヤー初となる自動巻ムーブメントを搭載していますが、世界の注目を集めたのは新作モナコでした。

  • 1971年 - 計時のためのセンチグラフ

    ホイヤーの電子部門が「センチグラフ」を開発し、フェラーリ レーシングチームに採用されます。

  • 第VI章 1985年 - 2004年再生と現代性

    TAG(Techniques d’Avant-Garde)ビジネスグループ傘下となることで、タグ・ホイヤーは、機械式クロノグラフ関連のブランドから、21世紀に向けた時計製造を手掛ける企業へと生まれ変わりました。 1980年代に開発されたモデルが、現在のタグ・ホイヤーカタログに掲載されている主要製品になりました。

    スクロールして見る
  • 1986年 - フォーミュラ1

    1983年、タグ・ホイヤーは、時計界における新しいパラダイムの登場に応え、画期的なコレクション「タグ・ホイヤー フォーミュラ1」を発表しました。

  • 1987年 - スポーツとエレガンス

    タグ・ホイヤーが、従来のダイバーズウォッチから、最も洗練されたデザインのスポーツウォッチへと高級腕時計化を遂げるのに時間はかかりませんでした。

  • 1999年 -タグ・ホイヤー、LVMH傘下へ

    1999年、フランスを代表するラグジュアリーブランドグループLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンがタグ・ホイヤーを傘下に収めました。

  • 第VII章 2004年 - 2015年限界の突破

    21世紀が幕を開け、タグ・ホイヤーは、ウォッチとムーブメントの構造に対して全く新しいアプローチを展開するようになりました。 こうしたイノベーションが、最先端技術をスタイルに反映させたウォッチにおいて、記録を塗り替える精度をもたらすことになるのです。

    スクロールして見る
  • 2004年 - モナコ V4

    モナコV4 コンセプトウォッチでは、機械式の駆動に対して全く新しいアプローチが採用され、その構造はレーシングエンジンのを想起させるものでした。

  • 2010年 - キャリバー1887 ムーブメント

    2010年、タグ・ホイヤーは初の自社製クロノグラフムーブメント「キャリバー1887」をリリースしました。

  • 第VIII章 2015 - 現在 過去と未来をコネクトする

    タグ・ホイヤーは、今の時代を代表する最先端技術を開発し組み込むことで、歴史にその名を残す多彩な腕時計の数々を活躍させています。 時計ファンに好まれるのがシリコンチップであろうと、トゥールビヨン、カーボン製ヒゲゼンマイであろうと、その時計はタグ・ホイヤーの過去と未来をつないでいるのです。

    スクロールして見る
  • 2015年 - コネクテッド ウォッチ

    2015年11月、タグ・ホイヤーは初のスイス製ラグジュアリー スマートウォッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド」ウォッチを発表しました。

  • 2019年 - モナコ50周年

    モナコ誕生から50周年を迎えたのを記念して、タグ・ホイヤーは、各モデルがそれぞれ10年間のスタイルを反映している5つの限定エディションモデルを発表しました。

  • 1860年

    1887年

  • 1887年

    1933年

  • 1933年

    1958年

  • 1958年

    1969年

  • 1969年

    1985年

  • 1985年

    2004年

  • 2004年

    2015年

  • 2015年

    現在

タグ・ホイヤーの歴史

1860年以来、タグ・ホイヤーは、世界の時計産業の歴史に燦然と輝くアヴァンギャルドな精度と大胆なスタイルを体現してきました。 タイムピースとイノベーションを通して、タグ・ホイヤーの歴史をご覧下さい。

最大限にお楽しみ頂くため、
スピーカーをオンにして下さい。

0