基本的な操作方法、メニューやアプリの使い方を学べば、日々のあらゆる活動で便利なサービスをご利用いただけます。

手順1
手順1

タグ・ホイヤー コネクテッドについて知る

ウォッチとスマートフォンのペアリングが完了したら、タグ・ホイヤー コネクテッドに搭載されているナビゲーション チュートリアルに従ってください。ダイヤルに表示された画面上のカラーのラインは、チュートリアルのガイドです。チュートリアルが終わると消えます。チュートリアルの動画を見るか、「後で」を選択して次の手順に進んでください。

手順2
手順2

ウォッチを操作する

ここでは、ウォッチがデフォルトでどのようにマッピングされているかを簡単にご紹介します。ダイヤルを左にスワイプすると「Googleアシスタント」、上にスワイプすると「設定」、右にスワイプすると「タイル」が開き、上にスワイプすると「通知」が表示されます。

手順3
手順3

リューズのショートカット

リューズを短く押すと、ウォッチにインストールされているアプリのリストが表示されます。さらに押し続けると音声アシスタントが使用でき、押したままにすると「電源オフと再起動」メニューが表示されます。

手順4
手順4

側面の上 / 下のボタン

ウォッチ側面の上側のボタンを押すと「タグ・ホイヤー スポーツアプリ」が開き、下側のボタンを押すと「タグ・ホイヤー ウェルネスアプリ」が表示されます。それでは、インターフェイスを詳しくご説明しましょう。

手順5
手順5

ウォッチの画面を起動する

タグ・ホイヤー コネクテッドを活用するための主なナビゲーション ジェスチャーをご紹介します。リューズを短く押す、手首を振る、スクリーンに触れるのいずれかで、タグ・ホイヤー コネクテッドを起動することができます。ダイヤルはアンビエント(常時表示) とディテールに切り替え可能です。

手順6
手順6

アプリを開く / 終了する

ウォッチフェイスを開いてリューズを短く押すと、アプリが表示されます。アプリの操作中にリューズを短く押すと、メニューやアプリが終了してウォッチフェイスに戻ります。

手順7
手順7

前に戻る

アプリの操作中にダイヤルを右にスワイプすると、前に戻ったり、通知を消したりすることができます。

手順8
手順8

ウォッチフェイスを切り替える

ウォッチフェイスを長押しすると、ウォッチフェイスのコレクションが開きます。ここから「ウォッチフェイスをカスタマイズする」で説明したように、ウォッチフェイスの変更やパーソナライズが可能です。リューズを短く押してアプリを終了させます。

ユーザーガイドを見る
手順9
手順9

通知を読む

通知メニューには、受信した電話やメッセージ、今後のイベントといった、スマートフォンで許可されている全ての通知が表示されます。保留中のアップデートも表示されます。ダイヤルを上にスワイプすると通知パネルが開き、上にスクロールするか、リューズを上に向けると全ての通知を読むことができます。スマートフォンのロック画面に表示されている通知だけを、ウォッチに表示させることもできます。

手順10
手順10

通知の詳細を見る

通知は横線で区切られています。Androidユーザーであれば、通知をタップして開き、スマートフォンで見たり、返信したりといったアクションが利用できます。

手順11
手順11

通知を消去する

通知1件を削除するには、その通知を右にスワイプします。全ての通知を消去したい場合は、ダイヤルを下にスクロールして、リストの一番下にある「全て消去」をタップします。ダイヤルを下にスワイプすると、ウォッチフェイスに戻ります。

手順12
手順12

タイルを表示する

タイルは、ウォッチにあるアプリに素早くアクセスするためのものです。最大5枚までタイルを追加して、自由に整理することができます。ダイヤルを左にスワイプするとタイルのコレクションが開き、スクロールしてその内容を見ることができます。
タグ・ホイヤーのウェルネスやスポーツ、カレンダーなどのアプリはデフォルトで利用できます。それぞれのタイルでダイヤルを右にスワイプするとウォッチフェイスに戻ることができ、リューズを1回押すとコレクションを終了させることができます。

手順13
手順13

Googleアシスタントを開く

ダイヤルを右にスワイプすると、Googleインターフェースが開き、音声アシスタントを使用したり、天気予報を確認したり、ウォッチ機能の一部にアクセスしたりすることができます。ダイヤルを左にスワイプすると、アプリを終了します。

手順14
手順14

音声アシスタントを利用する

リューズを長押ししても、音声アシスタントを起動させることができます。ウォッチが振動し、アプリが開きます。あなたがしたいことをウォッチに話しかけてください。ダイヤルを右にスワイプするか、リューズを押して音声アシスタントを閉じます。

手順15
手順15

設定にアクセスする

ダイヤルを下にスワイプし、クイック設定メニューを表示させます。ここには、ウォッチでの支払い、「端末を探す」機能の使用、静音モードや省電力モードの起動などのショートカットがあります。このクイック設定メニューはカスタマイズできません。歯車アイコンをタップしてウォッチの「設定」に入るか、ダイヤルを上にスワイプしてメニューを終了します。

手順16
手順16

省電力モードをオンにする

省電力モードは、ダイヤルを下にスワイプし、バッテリーセーバーのアイコンを選択することで簡単にオンにできます。このモードでは、設定を調整することでバッテリーの消費を抑えることができます。省電力モードでも、通知の受信やアプリの利用は引き続き可能です。省電力モードは、ウォッチを充電器にセットすると自動的にオフになります。

手順17
手順17

ウォッチのアプリを開く

リューズを短く押すとアプリのメニューが開きます。このメニューには、ウォッチにインストールされている全てのアプリが集約されています。リューズを回転させるか、ダイヤルを縦にスワイプしてリストを閲覧し、使いたいアプリをタップするだけでそのアプリが開きます。ダイヤルを左から右にスワイプするか、リューズを押すと、ウォッチフェイスに戻ります。

タグ・ホイヤー コネクテッドのアプリを見る
手順18
手順18

トレーニングを開始する

タグ・ホイヤー コネクテッドがあれば、思い立ったらすぐにワークアウトを開始することができます。ウォッチの上側のボタンを押してタグ・ホイヤー スポーツアプリを開き、ダイヤルを縦にスワイプして(またはリューズを回転させて) 、記録したいアクティビティを選びます。アクティビティをタップすると、セッションが開始されます。初めてアプリを使用する場合は、位置情報やセンサー情報へのアクセスを許可し、消費カロリーを計算するためにスポーツプロフィールを完成させるよう求められます。スポーツリストを閉じるには、ダイヤルを右にスワイプするか、リューズを押します。

スポーツアプリの詳細を見る
手順19
手順19

日常の活動や目標をフォローする

スピード、ペース、距離、心拍数、スプリットなどをリアルタイムでトラッキングし、これまで以上に正確で詳細なパフォーマンス情報を得ることができます。ウォッチの下側のボタンを押して、タグ・ホイヤー ウェルネスアプリを開きます。
ダイヤルを上にスワイプするか、リューズを回転させると、ウェルネス情報が表示されます。タグ・ホイヤー コネクテッドを初めてお使いになる場合は、アプリを使用する前にご自分のプロフィールを作成する必要があります。リューズを押すと、ウォッチフェイスに戻ります。

ウェルネスアプリの詳細を見る
手順20
手順20

ウォッチの電源を切る / 再起動する

ウォッチの電源を切ったり、再起動するには、電源ボタンを指で押したままにします。ウォッチが2回振動し、3回目に電源オフと再起動のメニューが表示されます。音声アシスタントが開いたのを確認しても指を離さず、3回目の振動で圧力が解放されるのを待ちます。

タグ・ホイヤー ニュースレター

タグ・ホイヤーから会員の皆様にお送りするメールマガジンです。会員の皆様に、新作や限定モデル、魅力あるキャンペーンなど様々な情報をいち早くお届けします。

タグ・ホイヤー正規販売店

お近くの販売店の住所・営業時間をご案内します。

正規販売店を検索する >