January 16, 2018

タグ・ホイヤー リンク:快適な着け心地、エレガンス、ダイヤモンド

2016年に素晴らしいモデルチェンジを行ったアイコニックな「タグ・ホイヤー リンク」は、ベゼルとブレスレットの最初の3列にダイヤモンドがセットされ、ラグジュアリー感をさらに増します。

タグ・ホイヤーのアイデンティティを体現する「タグ・ホイヤー リンク」モデルは、ブレスレットにシグネチャーであるS字型リンクが連なるアイコニックなデザインで、瞬時に「リンク」であることがわかります。

ジュネーブデイズ 2018のために、タグ・ホイヤーは、ベゼルとブレスレットの最初の3列にダイヤモンドをセットし、ラグジュアリー感をさらに高めた新作を発表します。

直径41mmのブルー・マザー・オブ・パールの文字盤によって最高の視認性が得られます。ベゼルは、クッション型のベースの上にに、54個のダイヤモンドをあしらったリングが組み合わされています。控えめな4つの角により、ラウンド型とクッション型の中間になっているケースが、よりソフトで控え目なデザインとなっています。

スティール製のブレスレットはケースと完全に一体化しています。そのため、ホーンは不要で、より流麗で人間工学的なデザインです。このウォッチは最高の着け心地を実現しています。裏表の両面がポリッシュ仕上げのパーツで構成されるブレスレットがしなやかな動きで手首にフィットし、非常になめらかな感触が得られます。ディテールへの徹底したこだわりが、このウォッチを身に着ける方に非常に洗練された喜びをもたらします。

このモデルは、自動巻きムーブメント「キャリバー5」を搭載しており、サファイヤシースルーケースバックから眺めることができます。また、ベゼルにのみダイヤモンドをセットした、ブルーサンレイ加工の文字盤を備える「リンク」モデルもございます。

タグ・ホイヤー リンク:快適な着け心地、エレガンス、ダイヤモンド

ベストショットmobile_title_border

Paramètres des cookies