September 15, 2017

アレック・モノポリーが北京で創造力を発揮

タグ・ホイヤーは、北京にて、ストリートアート界のスターであるアレック・モノポリーの作品を披露するエキサイティングな展示会を開催し、ユニークなアヴァンギャルド精神を表現しました。

世界的に有名なストリートアート界のスターであり、タグ・ホイヤーのアート・プロバカートルでもあるアレック・モノポリーは、タグ・ホイヤーCEOのジャン-クロード・ビバーの招待で、中国の北京SKPのアトリウムでコンテンポラリーアート作品を製作しました。

最新のファッショントレンドが集まるこの世界有数の高級ショッピングモールに、タグ・ホイヤーはアレック・モノポリーの作品を展示するためのカラフルなグラフィティスペースを用意しました。このイベントでは、カラフルなグラフィティで装飾された2本のタグ・ホイヤー カレラも展示されました。

アレック・モノポリーは、タグ・ホイヤーに常識にとらわれない新しいクリエイティビティと情熱をもたらし、ブランドがミレニアル世代に影響を与え続けることをサポートします。この型破りなアーティストは、清華大学美術学院で講義も行い、その場でアート作品を製作したことで学生たちを驚かせました。

「私にとってグラフィティとは、境界も制約もなく、アートの中で一番自由な楽しいアートです。同時に、公共に属します。タグ・ホイヤーは、パイオニア精神でトレンドをリードしています。これは、私が追い求めるアートの哲学とも一致します。」

アレック・モノポリーが北京で創造力を発揮
アレック・モノポリーが北京で創造力を発揮

インスパイアされたウォッチmobile_title_border


Paramètres des cookies