OK
 
トップストーリー
By TAG Heuer, TAG HEUER TEAM —  30 Nov 2016

アレック・モノポリーがタグ・ホイヤーのアート・プロバカートルに

アレック・モノポリーに新たな世界への
扉が開かれようとしています。

スイスの時計ブランドにとって、この度の起用はアレック・モノポリーが今後製品やイベント、マーケティング、広報活動など社内のあらゆる芸術的創作活動に携わっていくことを意味します。

彼のクリエイティブで型破りなスタイルはブランドを新たな表現と創造の境地へと導いてくれるでしょう。

ストリートアート界のスター、アレック・モノポリー。mobile_title_border

彼はいつも帽子とバンダナで顔を隠し、決して素性を明かしません。では、なぜ彼はこれほどまでに有名なのでしょうか?アレック・モノポリーが人々に知られるきっかけの一つに、その名前の由来となったキャラクターの存在があります。Mr. Monopoly(ミスター・モノポリー/モノポリーおじさん)は小柄で礼儀正しい銀行員で、多くのアーティストが様々な形で作品に登場させています。

「私のキャリアのスタートは、ニューヨークでグラフィティをはじめたことがきっかけです。当時のニューヨークはひらめきに満ちていました。」2008年、彼はビッグ・アップル(ニューヨーク)を離れ、カリフォルニアに向かいました。2008年と言えば、まさに金融市場崩壊の年です。サブプライムローンの危機、ウォールストリート、バーナード・マドフ…金融業界は史上最悪の時期の経験しました。アレックの作品には、その影響が表れています。彼のキャリアはこうしてスタートしました。「今何が起きているかを明らかにすることが、私のスタイルです。」彼の作品はインターネット上で話題となり、ストリートアート愛好家らの支持を集めました。やがて、人々はアレック・モノポリーと呼ぶようになります。

以降、彼は考え得るあらゆるシチュエーションで小柄な銀行家のキャッラクターを描き続けています。このキャラクターが登場する豊かでカラフルな作品はユーモアにあふれ、世界に広く知られています。さらに、アレック・モノポリーは大衆文化に登場する他の人気キャラクターにも目を向け、作品に取り入れました。スクルージ・マクダックやリッチー・リッチ…今や、アレックのサインには大変な価値があります。セス・ローゲンやエイドリアン・ブロディ、ロバート・デ・ニーロら多くのアメリカ人スターが彼の作品を過去に買い求めています。

「私はこれからもストリートアートに心血を注ぎ続けます」:ジャン-クロード・ビバーはその言葉を真摯に受け止めました。mobile_title_border

こうした成功はアレックとグラフィティの関係に変化をもたらしました。「若い頃、私はクレイジーでした。グラフィティも電車や建物が中心でした…。」時間は彼を落ち着かせたのでしょうか?いや、そうではないようです。「私はいまだにグラフィティに夢中です。いまだにチャンスさえあればいつでもグラフィティを描きたいと思っています。私はこれからもストリートアートに心血を注ぎ続けます。」

ジャン-クロード・ビバーはその言葉を真摯に受け止めました。数か月後のスイスで、彼はアレックに自身がCEOを務めるタグ・ホイヤーの”アート・プロバカートル”に就任し、その創造力をブランド内に啓蒙してくれないかと打診しました。さらに、マイアミがアート一色に染まる有名なコンテンポラリー・アート・ウィークの一環としてデザイン・ディストリクトの中心にあるタグ・ホイヤーのブティックを演出するという、新たな表現の形に挑戦してみないかと提案したのです。

アレック・モノポリーは次のように述べました:「私はいつだって時計が大好きでした。自分の創造的なアイデアをタグ・ホイヤーのために捧げることができるという機会をいただき、大きな喜びを感じています。アーティストとしての才能と時計への情熱を両立できるなんて、これほど素晴らしい機会はありません。」

タグ・ホイヤーCEO兼LVMHグループ時計部門 社長のジャン-クロード・ビバーはこのようにコメントしています:「これまでの40年間、私は独創的で、他とは異なるマインドを持ち、つねにパイオニアであろうと努めてきました。それが私の哲学です。アレックをタグ・ホイヤーのアート・プロバカートルに迎えることで、ブランドとミレニアル世代を再び結びつけるだけでなく、製造からマーケティング、広報、流通に至るすべての工程で新たな表現の方法を模索したいと考えています。彼の奇想天外なクリエイティビティと情熱は周りをどんどんと巻き込んでいってくれるでしょう!」

翌日、ジャン-クロード・ビバーとアレック・モノポリーのモンドリアン サウス ビーチのロビー内に設けられたモンドリアン ギャラリーをオープンし、アレックのグラフィティが描かれた巨大な壁を披露しました。タグ・ホイヤーのサポートによって製作されたこの期間限定アート・インスタレーションは極めて斬新で、公開以来、アート・ウィーク開催中にマイアミを訪れたコンテンポラリーアート愛好家が必ず訪れる人気スポットとなりました。

アレック・モノポリーがタグ・ホイヤーのアート・プロバカートルに

インスパイアされたウォッチmobile_title_border


詳細を見るmobile_title_border

タグ・ホイヤー ブティック
Miami Design District
140 NE 39th Suite #109
電話:+1 305-576-0884


モンドリアン サウス ビーチ
1100 West Ave, Miami Beach
電話:+1 305-514-1500