OK
 
By TAG Heuer, TAG HEUER TEAM —  25 Aug 2017

音楽業界と時計製造の共通点

デヴィッド・ゲッタがサマーシーズンの締めくくりとしてイビサにタグ・ホイヤーを迎え、2つの世界の共通点について語りました。

mobile_title_border

イビサは、DJにとって世界最高峰のパーティーの舞台。タグ・ホイヤーはこの島で、名高いブランドアンバサダーのデヴィッド・ゲッタに合流しました。

この一流DJは、出席する幸運に恵まれたゲストと共に、ひと夏を過ごしたイビサ島でのシーズンを締めくくりました。デヴィッド・ゲッタはもはや、ソーシャルネットワーク上に8,300万人のファンを擁する「ダンス」ミュージックの代名詞に留まらず、同世代全体にとってのアイコンとなっています。

そんなフランス人アーティストは、イビサ島でも有数の知名度を誇るウシュアイアにあるタグ・ホイヤー ブティックの店内で、時計製造の世界と音楽業界との共通点に対する自らの考えを披露してくれました。彼にとっては、時計も音楽も、テクニックと感情、時間とイノベーションとが組み合わされた、よく似たものであると言います。

「音楽業界は時計製造によく似ています。いずれも目まぐるしく変化する環境であり、絶えず自らを新しいものへと作り変えています。テクノロジーやイノベーションに関して、私たちは常に自らに挑戦し、いつもマイクロトレンドに目を光らせながら、明日何が起こるかを感じ取り、オーディエンスに自分の想いを伝えていかなければなりません。」――デヴィッド・ゲッタ

デヴィッド・ゲッタはまた、ウシュアイアにあるタグ・ホイヤー ブティックでのライブ中に彼の豊かな音楽体験が詰まったリミックスのうちの1曲でレコードをカットし、その場に居合わせた幸運なゲストのためにプレイしました。この時代を先駆けるDJは、神話として語り継がれるような方法で音楽をシェアすることによる音楽表現に価値を置いていることから、自分のトラックをレコード化したのです。

今回そのレコードがオークションに出品され、最高額で落札した方は、デヴィッド・ゲッタのサイン入りボックスに収められたラバーストラップの「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」も手にすることができます。この貴重なレコードには、ダンスミュージックのメッカであるイビサ島への彼の想いが詰まっています。自らのプレイグランドの将来に思いを馳せ続けているこのパーティのレジェンドにとって、イビサ島が本当の意味でのインスピレーションの源となっているからです。音楽が果てしなく進化していくようにデヴィッド・ゲッタも、世の中に自らのベストな体験を提供することで新しい感動を生み出し続けています。

イビサの心地よい空の下、ウシュアイアの見事なプールの傍らで、このイベントはデヴィッド・ゲッタによる待望のクロージングパーティーで幕を閉じました。

音楽業界と時計製造の共通点

インスパイアされたウォッチmobile_title_border