March 29, 2016

タグ・ホイヤーがカンタス・サッカルーとのパートナーシップを発表、サッカー界での地位を不動のものに

本日、スイスのアヴァンギャルドな時計ブランド、タグ・ホイヤーは、オーストラリアサッカー連盟(FFA)との刺激的なパートナーシップにより、アジアカップを制覇したサッカーオーストラリア代表、カンタス・サッカルーの公式時計および公式タイムキーパーになることを発表しました。


世界の主要サッカーチームおよびサッカーリーグにおけるタグ・ホイヤーのタイムキーパーとしての地位をさらに強化する4年間のパートナーシップは、今週木曜日の夜にアデレード・オーバルで開催されるシーズン開幕戦、ワールドカップ予選のタジキスタン戦からスタートします。

このパートナーシップにより、サッカルーの試合にはタグ・ホイヤーのスコアボードが登場し、ホームゲームの際は競技場にタグ・ホイヤーの看板が掲げられ、サッカルーの公式アウェイ用ユニフォームにはタグ・ホイヤー ウォッチが加わります。タグ・ホイヤーはまた、ホームゲームがFOXスポーツで放映される際のスポンサーも務めます。

 

タグ・ホイヤーCEO兼LVMH時計部門 社長のジャン-クロード・ビバーは次のように話しました。「サッカーはオーストラリアで急成長しているスポーツであると同時に、世界で最も人気のあるスポーツです。サッカーは人々が話す言葉や宗教のようなもの。私たちはサッカーを通して情熱、成功、団結心、秩序、戦略、そして最終的には勝利を伝えるのです。これらは、タグ・ホイヤーと、何よりもそのウォッチを購入し身に着ける人々が同じように伝えている価値観です。

世界的なスポーツであるサッカーは、あらゆる人々の心に訴えます。その中には、もちろんタグ・ホイヤーの未来のお客様も含まれます。今はタグ・ホイヤーのウォッチを購入できない若者の中にも、後にタグ・ホイヤーのお客様となる人がいるからです。常に大切なのは、現在のお客様だけでなく、将来のお客様にもメッセージを送ることです。そしてこの点で言えば、サッカーはまさに最高の存在なのです。」

「このように刺激的なパートナーシップに参加できて光栄です。私たちが提携することで、オーストラリアサッカー連盟が存在感、強さ、スピードを増すことは間違いありません。私たちは一つのチームとして、決してプレッシャーに負けません。」と、ビバーはスピーチを締めくくりました。

FFAのCEOであるデイヴィッド・ギャロップは、「世界でも有数の革新的なラグジュアリーブランドと緊密に連携する機会が得られて、とても嬉しいです。タグ・ホイヤーとのパートナーシップを通し、やはりスポーツにおける最高の成果であるカンタス・サッカルーとの間で大きな相乗効果が生まれるでしょう。

タグ・ホイヤーが提携している海外のサッカーリーグとスポーツブランド、および世界各地の競技大会のリストは錚々たるものです。タグ・ホイヤーにカンタス・サッカルーとの長期的パートナーシップ提携の価値を認められ、嬉しく思っています。」と話しました。

このパートナーシップによって、オーストラリアおよび世界中のサッカーファンのために感動的で刺激的な試合が約束されるでしょう。また理想的な協力体制のもとで、サッカルーが抱く勝利への揺るぎない決意と熱望がタグ・ホイヤーのモットー、「#DontCrackUnderPressure<プレッシャーに負けるな。>」の精神を称えます。