スティーブ・マックイーン

元祖「キング・オブ・クール」

歴史の一片歴史の一片

生年月日
1930年3月24日


出身地
米国インディアナ州ビーチグローブ


プロフィール
キング・オブ・クール、ハリウッドのレジェンド、カルチャーアイコン、モータースポーツ界のヒーロー

反逆者、レーサー、真のロマンチスト。

彼の早すぎる死から数十年を経て、ハリウッドらしいワイルドさは今も息づいています。彼のクールな自信、権力への抵抗、たくましく男らしいスタイルは、常に映画に変革をもたらし、タグ・ホイヤーの歴史にも大きな影響を与えました。彼は路上生活を経てサーカス団に加わり、その後に海兵隊員となりました。船舶に乗船しましたが、映画界に入り『大脱走』、『ブリット』、『パピヨン』、『華麗なる賭け』といった代表作で20年間にわたり大ヒットを飛ばし、後にレースにも参戦します。

オフの日の彼は、モータースポーツの危険なスリルを楽しみました。有名な1970年の映画『栄光のル・マン』では、ホイヤー社のロゴが輝くレーシングスーツに身を包み、手首にはスクエアケースの「ホイヤー モナコ」を身に着けていたことから、このウォッチも一躍スーパースターダムへと押し上げられました。以来ずっとブルーの文字盤のウォッチと彼のブルーの目はリンクし、タグ・ホイヤーの「プレッシャーに負けるな」という姿勢にタイムレスに響いています。

「キング・オブ・クール」は永遠に。

スティーブ・マックイーン

ディープダイブ エクスペリエンスmobile_title_border

スティーブ・マックイーン

おすすめmobile_title_border