堅牢性と耐久性

ケースは時計において、中心的な役割を担っています。 ケースはダイアルとムーブメントを、過度な衝撃と同様に埃や湿気からも保護します。 タグ・ホイヤーは厳格な基準を満たすため、多数のケースを自社の工場で製造しています。 ケースは一枚のメタル片から作られます。 長いフラットメタルを、プレス加工機に挿入します。 ケースの原型は、40tから80tの大きな圧力でメタルシートから打ち抜かれます。

1080°

そしてメタルは35分間、1080℃で鍛造されます。その後、再度ケースのプレス加工と鍛造を行い、この工程を通常10~16回繰り返します。 こうした手法を採用することで、連続して行われる各プレス加工工程でディテールを追加することが可能になります。

機械でのポリッシュ仕上げ

ケースのプレス加工が完了したら、形状を整える必要があります。 コンピューター数値制御(CNC)工作機械は、ケースを希望の形状に整えるようプログラムされた一連のツールを備えています。 CNC工作機械は二つのケースを同時に圧延したり、ロボットで部品の装着や取り外しを可能にする、非常に複雑な機械です。 この工作機械は取扱が非常に難しく、プログラミングに時間を要し、多くの費用が掛かります。

手作業

ケースが最高基準に適合すると、ポリッシュ加工が施されます。 タグ・ホイヤーのその他多くの製造過程と同じく、ポリッシュ加工も自動化しています。 ただし、ケースの形状が複雑な場合は、手動でポリッシュ加工を施す必要があります。 傷が無くなるよう、時計技師がケースの位置をコントロールしながら回転するバッファホイールにケースを当てます。

タグ・ホイヤー ニュースレター

タグ・ホイヤーから会員の皆様にお送りするメールマガジンです。会員の皆様に、新作や限定モデル、魅力あるキャンペーンなど様々な情報をいち早くお届けします。

タグ・ホイヤー正規販売店

お近くの販売店の住所・営業時間をご案内します。

正規販売店を検索する >