常に精度が重要

時計の製造は、精度が重要です。 時計の各部品には、膨大な時間と細心の注意が費やされています。 最高の品質を確保するため、全てのタグ・ホイヤー ウォッチは、空気清浄機による厳密に空調管理された環境の中で組み立てを行っています。

時計製造の専門知識

ダイアルとムーブメントの組み立てでは、ダイアルの足をムーブメント表側の上部分に押し付けるように取り付けます。 特注の最先端工作機械が、ムーブメントのピボット上に針を配置していきます。 この卓越した機械はムーブメントをモニターし、真夜中ちょうどに日付変更が行われるように調整します。 正しい位置に取り付けられた針は、リューズに合わせて自由に回転します。 どの針も、他の針の動きを妨げるようなことがあってはなりません。

最終調整

組み立て部門に到着したケースを、隅々までチェックします。 組み立てられたダイアルとムーブメントを、ケーシングリングと合わせてケースの内側に収めます。 次にリューズと巻き真を挿入し、ムーブメントはネジでしっかりと固定されます。 特殊なスクリュードライバーを使って、ローターをムーブメントに取り付けます。 専用の機械を使って、ケースバックを閉じます。 ケースバックにはそれぞれ固有のマークを、レーザーで刻印します。 これで、最終テストへと進む準備が整いました。 時計技師がツールを使って、ストラップまたはブレスレットを「ウォッチヘッド」に手作業で取り付けます。 ここで再び、部品にキズがつかないよう細心の注意を払いながら、ストラップまたはブレスレットのバックルを正常に閉じられるかチェックします。

タグ・ホイヤー ニュースレター

タグ・ホイヤーから会員の皆様にお送りするメールマガジンです。会員の皆様に、新作や限定モデル、魅力あるキャンペーンなど様々な情報をいち早くお届けします。

タグ・ホイヤー正規販売店

お近くの販売店の住所・営業時間をご案内します。

正規販売店を検索する >