2015年~現在

過去と未来をつなぐ

タグ・ホイヤーは、今の時代を代表する最先端技術を開発し組み込むことで、歴史にその名を残す多彩な腕時計の数々を活躍させています。 

時計ファンに好まれるのがシリコンチップであろうと、トゥールビヨン、カーボン製ヒゲゼンマイであろうと、その時計はタグ・ホイヤーの過去と未来をつないでいるのです。

2015年

コネクテッド ウォッチ

2015年11月、タグ・ホイヤーは初のスイス製ラグジュアリー スマートウォッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド」ウォッチを発表しました。 「タグ・ホイヤー カレラ」スタイルのケースを備えるコネクテッド ウォッチには、パートナーのIntelと Googleにより新たに開発されたテクノロジーが搭載されています。 購入者は、「タグ・ホイヤー カレラ」のコネクテッド ウォッチを伝統的な機械式ムーブメントと交換することができます。 「コネクテッド モジュラー」シリーズ(2017年)は、ストラップとラグを変えることなく、着用者がスマートウォッチモジュールを自動巻ウォッチモジュールに変更することができます。

2017

オータヴィアの帰還

2017年3月、ファンが選んだ新作オータヴィアは、「オータヴィア カップ」投票で、16種類のクラシックなオータヴィアの中から選ばれたスタイルを踏襲したものです。 オータヴィアの限定エディションはジャック・ホイヤーの85歳の誕生日を祝うとともに、スイス国籍のF1ヒーローであるジョー・シフェールへのトリビュートとして製造されたモデルで、その他のモデルはオータヴィアの「バイセロイ」と「オレンジボーイ」モデルのカラースキームを採用しています。 2017年9月、タグ・ホイヤーはヴィンテージコレクターのコミュニティとの協賛で、全世界10都市で展覧会を開催しました。 展示された400点以上のタイムピースは、半数はタグ・ホイヤー ミュージアム、残りの半数は個人コレクター所蔵のものです。 各都市は、車やドライバー、ミリタリー ウォッチ、セーリングやダイビング等、独自のテーマで開催しました。

2018

タグ・ホイヤー カレラ Fragment

タグ・ホイヤー カレラ Fragment デザイン 限定エディションは、自社製ムーブメントのホイヤー02をタグ・ホイヤー カレラのケースに収めたデザインです。 3時、6時、9時のレイアウトを採用したムーブメントは、ホイヤーが手がけた1960年代のクラシックなクロノグラフを踏襲し、80時間パワーリザーブ機能を備えています。 ストリートウェア界のレジェンド、藤原ヒロシがデザインしたタグ・ホイヤー カレラ Fragment デザインは、1968年に製造された3つのインデックスを備えた希少なタグ・ホイヤー カレラからインスピレーションを得ています。

2019

モナコ50周年記念

モナコ誕生50周年を記念してタグ・ホイヤーは、モナコ誕生以降の各10年を象徴するスタイルを反映した、5本の限定エディションモデルを発表。 1970年代のオリーブグリーン、1980年代のビクトリーレッド、1990年代のインダストリアルグレー、2000年代のブラック&ホワイト、2010年代のディープグレーのカラーバリエーションです。

タグ・ホイヤー ニュースレター

タグ・ホイヤーから会員の皆様にお送りするメールマガジンです。会員の皆様に、新作や限定モデル、魅力あるキャンペーンなど様々な情報をいち早くお届けします。

タグ・ホイヤー正規販売店

お近くの販売店の住所・営業時間をご案内します。

正規販売店を検索する >