オートルート

2つの車輪と1つのゴール。限界は無し。

歴史の一片歴史の一片

「高地の道」を意味するオートルートによって、ピレネー、アルプス、ドロミテは1,600人の鍛えられた自転車愛好家のための競技場に姿を変えました。50カ国から集まったアマチュア選手たちは、1週間、この壮大な風景の中で精神的・肉体的なチャレンジに挑みます。

二輪で走破できる最も高く勾配のきつい土地での過酷な旅に挑む、勇敢なサイクリストたち。タグ・ホイヤーの「#DontCrackundrPressure<プレッシャーに負けるな。>」というスローガンはまさに彼らのためのスローガンでもあります。
アマチュア選手もプロと同じ山岳路を走ります。
タグ・ホイヤーはオートルートの公式タイムキーパーであるだけでなく、各地で行われる3日間のトライアルレースのメインスポンサーも務めます。時計の針が刻々と進むにつれて、参加者たちはこの疑う余地のない耐久テストで自らの限界を押し広げなければなりません。トレーニング中、冒険に乗り出す勇敢な選手は「大変だけれど、やり遂げるぞ」と言うものの、レースが始まると、「助けてくれ!二度とやるものか、このレースはハードすぎる」と困難に直面。しかし、レース終了後には「やったぞ、やり遂げたんだ」と達成感を味わい、そしてすぐに、次のレースへと備えるのです。それはまさに、タグ・ホイヤーが支持する姿勢そのもの。レース中、選手たちをリフレッシュさせるために全ルートを巡るタグ・ホイヤー ウォッチのトラックにご注意ください。

オートルート

ディープダイブ エクスペリエンスmobile_title_border

オートルート

インスパイアされたウォッチmobile_title_border


オートルート

ニュースフィードmobile title border