モータースポーツにおけるレガシー

彼らこそがオリジナルのアンチヒーローであり、レーサーです。

「キング・オブ・クール」の異名を取ったスティーブ・マックイーンから「ザ・マスター」と呼ばれたF1ナンバーワンドライバーのファン・マヌエル・ファンジオまで、タグ・ホイヤーの「ヘリテージ」アンバサダーは、ペダルを思い切り踏み込み、時代を先駆けてきました。

未来のトレンドセッターたちを歓迎しているとは言え、タグ・ホイヤーは、今も毎日私たちに感動を与え続けている、こうした時を超えたレジェンドたちに思いを馳せることを忘れていません。

null null

アイルトン・セナ

史上最高のドライバーのひとりとみなされているアイルトン・セナは、完璧さ、優れたパフォーマンスへのこうした追求を体現していました。 「マジック・セナ」は、1988年、1990年、1991年と3度のワールドチャンピオンに輝き、グランプリ優勝は41回、ポールポジションは65回を数えます。 まさにレジェンド、カリスマと呼ぶにふさわしい彼の存在感はパドックを超えていました。 速くて勇敢なこのブラジル人は、限界を押し広げることを決してやめようとはせず、情熱と堂々とした魅力にあふれるレースを楽しませてくれました。 1991年、セナは初の #dontcrackunderpressure キャンペーンの顔となりましたが、今もこの哲学を完璧に体現した存在であり続けています。

スティーブ・マックイーン

スティーブ・マックイーンとタグ・ホイヤーとの間には、ハリウッドの注目に値する美しいストーリーがありました。 1970年に封切られた映画では、キング・オブ・クールと呼ばれたスティールブルーの瞳のマックイーンが、「タグ・ホイヤー モナコ」を着用してスクリーンに登場しました。 一世を風靡した映画『栄光のル・マン』から『ブリット』そしてカーレーシングまで、スティーブ・マックイーンは挑戦とそのスリル全てを愛していました。 それから数十年の時を経た今も、この俳優は若い世代を魅了し、タグ・ホイヤーの価値観を体現し続けています。 人々を惹きつけ、限界を押し広げることを好んだ永遠のアイコンです。

ファンジオ

ファン・マヌエル・ファンジオは、常に時間の限界に挑戦してきました。 ドライバーも30歳を超えれば「年寄り」とみなされた時代に、“El Maestro” (ザ・マスター)と呼ばれたファンジオは37歳で熾烈な戦いが繰り広げられるF1の世界に入ります。 その後、このとてつもない勇気を持ったドライバーは、F1で5回のワールドチャンピオンに輝きます。