オート オルロジュリー

1860年から、タグ・ホイヤーは絶え間なく技術革新に取り組んできました。

極めて早い時期からスポーツとモータースポーツの世界に深く関わってきたタグ・ホイヤーは、世界で最も感動的な記録を計測できるようにするため、世界最高の精度を誇る時計と計時機器を開発しました。

タグ・ホイヤーのオート オルロジュリー工房では、卓越した技術的スキルと独自のノウハウを組み合わせています。

技術革新を行い、驚異的なほどに素晴らしいアイテムを作り出す能力を示すタグ・ホイヤーの時計には、評価の高いコンプリケーションが備わっており、細心の注意を払って選ばれた部品と貴重な素材が使われています。

タグ・ホイヤー カレラ ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ

タグ・ホイヤー インスティテュートでは、数年を費やして革新的な部品を製造しました。これが、超軽量で低密度のカーボンコンポジット製ヒゲゼンマイです。磁気による影響を受けることが全くなく、全体として等時性が向上します。
これは現在、トゥールビヨン制御のCOSC認定クロノグラフ、タグ・ホイヤー カレラ ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフに使用されています。 

詳細を見る

タグ・ホイヤー カレラ マイクログラフ 1/100th

マイクログラフ 1/100thは、タグ・ホイヤーのオート オルロジュリー "マイクロ" ウォッチの新世代の始まりを告げるモデルです。
この革新的な技術は、それぞれ毎時28,800振動と360,000振動の2つのアソートメントを組み合わせることで、比類なき精度と視認性を実現しています。 それぞれ個別の脱進機と伝達機構を備えた2つの異なるテンプが付属した1916マイクログラフには、タグ・ホイヤー カレラのアイコニックなデザインが施されており、伝統と最先端テクノロジーが完全に融合しています。 

詳細を見る

タグ・ホイヤー モナコ V4

1969年に初めて市場に登場した当時、タグ・ホイヤーを象徴するタグ・ホイヤー モナコ ウォッチは、スクエアケースと左側にリューズを備えた世界初のクロノグラフでした。

2004年、タグ・ホイヤーは再び、タグ・ホイヤー モナコ V4で時計製造業界を揺るがしました。 ボールベアリングとピニオンに4つの香箱を取り付けたモナコ V4は、世界初のベルト駆動式ウォッチでした。

詳細を見る