1985年~2004年

再生と近代化

TAG(Techniques d’Avant-Garde)ビジネスグループ傘下となることで、タグ・ホイヤーは、機械式クロノグラフ関連のブランドから、21世紀に向けた時計製造を手掛ける企業へと生まれ変わりました。  

1980年代に開発されたモデルが、現在のタグ・ホイヤーカタログに掲載されている主要製品になりました。 

1985年

2000シリーズ

1980年代初期、ホイヤーは、新しいダイバーズウォッチコレクションの特徴となる6つのユニークな機能を発表しました。 中でも特にダイビングに関連するのが、200mの防水性、ねじ込み式リューズ、逆回転防止ベゼル、ダブルセーフティバックル付きスティール製ブレスレットの4つの特徴です。 サファイアクリスタルと夜光塗料を塗布したインデックスによって、最高の視認性が確保されました。 これらの機能は、現在の「アクアレーサー」に受け継がれています。
1986年

フォーミュラ1

1983年、タグ・ホイヤーは、時計界における新しいパラダイムの登場に応え、画期的なコレクション「タグ・ホイヤー フォーミュラ1」を発表しました。 「タグ・ホイヤー フォーミュラ1」は、鮮やかなカラー、プラスチック製ケース、シンプルなクォーツムーブメント、そして楽しいパッケージ、と同じスタイルが提供されました。 ダイバーズウォッチの伝統に忠実に従い、「タグ・ホイヤー フォーミュラ1」は、防水性200mの分単位で刻まれたベゼルを備えていました。
1987年

スポーツとエレガンス

タグ・ホイヤーが、従来のダイバーズウォッチから、最も洗練されたデザインのスポーツウォッチへと高級腕時計化を遂げるのに時間はかかりませんでした。 販売促進資料では、新しい「S/el」はダイビングスーツにもディナージャケットにも合わせられることが強調されました。 F1チャンピオンのアイルトン・セナは、タグ・ホイヤーのユニークなブレスレットのデザインが特徴の「S/el」を普段から着用しました。 この時計は、エディ・ショッフェルがデザインしました。 このコレクションは、1999年、この独特なブレスレットへのトリビュートにふさわしい「リンク」という名称に変更されました。

1991年

新しい腕時計のための新しいキャンペーン

タグ・ホイヤーは、賞を獲得した広告キャンペーンで新しい腕時計を後押ししました。  

1991年から1994年にかけて行われたキャンペーン「Don't crack under pressure(プレッシャーに負けるな)」では、ミハエル・シューマッハやアイルトン・セナなどのブランドのアンバサダー達の意志の強さや集中力を称えました。  

1995年から1997年、タグ・ホイヤーは「Success. It's a Mind Game(成功。それは一つの心理戦である。)」を使用しました。

このキャンペーンでは、トップアスリートや成功者が彼らの限界にどのように挑み続けているかを示しました。 

1996年

初の再発売

1980年代に多くの新作を発表したタグ・ホイヤーは、1990年代半ば頃には、1960年代からのブランドのクラシックなクロノグラフへ戻りました。 1996年、タグ・ホイヤーは、オリジナルの1964年モデルのスタイルをほぼすべてのディテールまで受け継いだ 「タグ・ホイヤー カレラ」を再発売しました。 1998年には、オールブラックダイアルの「モナコ」を再発売しました。 「タグ・ホイヤー カレラ」と「モナコ」は再発売以降、タグ・ホイヤーのカタログに不可欠なモデルであり続けています。
1999年

タグ・ホイヤー、LVMH傘下へ

1999年、フランスを代表するラグジュアリーブランドグループLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンがタグ・ホイヤーを傘下に収めました。 1982年に家族経営の会社を売却せざるを得なかったジャック・ホイヤーが、2001年に会社の名誉会長としてタグ・ホイヤーに戻りました。 彼は世界中を訪れ、ブランドの遺産を愛好家の新しい世代とシェアしました。