J.バルヴィン

世界を視野に入れたレゲトンの第一人者

歴史の一片歴史の一片

生年月日
1985年5月7日
(31歳)

出身地
コロンビア・メデジン
プロフィール
2度のラテン・グラミー賞、アーティスト・オブ・ザ・イヤーを含む6度のプレミオ・ロ・ヌエストロ賞、MTV ヨーロッパ・ミュージック・アワードを受賞。シングル6曲ヒットチャート第1位獲得(ソロアーティストによるホット ラテンソング・チャート第1位最長期間獲得でギネスワールドレコードとなったものを含む)。ラテンアメリカのアーティストとして初めて米国のダイヤモンドディスク受賞。『Ginza』と『Ay Vamos』のビデオがYouTube最高視聴回数を獲得。

爆発的な販売数の伸び、最高潮に達したインターネットにおける知名度。第2世代レゲトンのスーパースターたちを率いる先駆者としてJ.バルヴィンは、すでにラテンアメリカ、米国、ヨーロッパ、中近東においてチャートの上位を占めるヒット曲を発表し続けていますが、さらに上を目指します。

コロンビアに生まれ、10代で米国に渡ったJ.バルヴィンは、クンビアやチャンペタの伝統的なサウンドとともに育ちながら、その一方でヒップホップやダンスホール、ロック、そして第1世代のレゲトンなどに多くの影響を受けました。今の彼を形作っているのは、様々なところから聞こえてきたストリートサウンドなのです。

コロンビアに戻ったバルヴィンは、メデジンのクラブで瞬く間に成功を収めました。レゲトンの初期のスターたちを崇拝しながらも、ドレイクやカニエ・ウェストらに刺激を受け、さらにスムーズなフュージョンを感じさせるユニークで新しいレゲトンを生み出しました。

世界中のDJたちに愛された2013年のヒットソング、『Yo Te Lo Djie』とともにJ.バルヴィンの人気は爆発し、ラテンアメリカを越えて世界中のビルボードにこのコロンビア人スターが「ラテンミュージック界においてかつてないほどの大ブレーク」となって登場したのです。

現在J.バルヴィンの素晴らしいサウンドはラテン・グラミー賞2年連続受賞を果たし、ユニビジョンのプレミオ・ロ・ヌエストロでは「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を獲得、シングル6曲がヒットチャートの第1位を飾り、数々のビデオがYouTube視聴回数を更新し続けています。またバルヴィンは、様々なジャンルや言語のアーティストらに認められており、アリアナ・グランデを始め、メジャー・レイザー、ジャスティン・ビーバーなどとコラボを行っています。最近のヒットチャートトップに登場したのは、ファレル・ウィリアムスとのコラボ作品『Safari』です。

世界中で大ヒットとなった『Ginza』は、ソロアーティストによるホット ラテンソング・チャートのビルボード第1位の座を独占し続け、最長記録を樹立しました。また彼の最新アルバム『Energia』は、2016年ナンバー1(最も売れた)ラテンアルバムとなりました。バルヴィンは今、世界を征服しようとしています。

J.バルヴィン

ベストショットmobile_title_border

J.バルヴィン

おすすめmobile_title_border

J.バルヴィン

ニュースフィードmobile title border