香川真司

ブンデスリーガで活躍

歴史の一片歴史の一片

生年月日
1989年3月17日

出身地
日本兵庫県神戸市鶴見区

プロフィール
攻撃的ミッドフィールダー、マンチェスター・ユナイテッドに入団した初の日本人選手

「これから先、プレッシャーに強い自分がいるために、様々なプレッシャーを打ち砕いて、世界で勝ち抜く力を証明していきたい」香川真司が登場する以前、日本のトップ選手がサッカーの聖地であるヨーロッパのリーグで活躍する日が訪れるとは思いもよりませんでした。

5歳からサッカーを始めた香川真司は、「将来、サッカー選手になりたい」と夢見る多くの少年の一人だったかもしれません。しかし、生まれつきの才能に加え人一倍の努力と情熱に溢れた精神をもった彼は早くも世界に挑む名手となりました。

香川真司は日本のサッカー選手として初めて世界の選手の誰もが憧れるマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を経験し、今日に至って唯一イギリスのプレミア・リーグとドイツのブンデスリーガ両方のチームに抜擢された稀有の日本人プレイヤーです。

1989年、兵庫県神戸市に生まれた香川真司は、高校を卒業する直前、17歳の若さでセレッソ大阪に入団し、Jリーグデビューを果たしました。2010年には、ドイツ・ブンデスリーガ一部のボルシア・ドルトムントのオファーを受け、渡独。初シーズン早々とドイツ国内での激戦の現実に留まらず、ヨーロッパリーグという輝かしいステージでの仁義なき戦いの厳しさを直面しました。それでも強豪なプレイヤーとの対戦を全く恐れず、確実な実績を一歩一歩と作り上げてきた香川真司は地元メディアにも高く評価され、観客からの熱い支持をも得られるようになりました。そして、躍進は躍進を呼び、2012年にはイギリス・プレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッドへ、日本人として始めて移籍。この偉業は日本のサッカー界に大きな反響を呼び、日本人選手が欧州名門リーグで活躍する道を彼が切り開いたと言っても過言ではありません。

2014年より欧州での古巣のボルシア・ドルトムンドに戻り、適切にゴールを決めるオフェンス能力に長けたミッドフィールダーとしての力強さを発揮します。昨シーズンから最初に移籍した際に与えられ、チームと2連勝した時の背番号「23」に戻し、更なる飛躍への期待を煽りました。2008年の初召集より、各年代の日本代表チームに選出されてきた香川真司は今サムライブルーに欠かせないプレッシャーに必ず打ち勝つ勇士です。プレッシャーにさらされながらも、彼は決してボールを奪うチャンスを逃しません。巧みなステップで敵をかわしながらゴールへ一直線に進みます。

香川真司

ディープダイブ エクスペリエンスmobile_title_border

香川真司

おすすめmobile_title_border

香川真司

ニュースフィードmobile title border