世界ツーリングカー選手権(WTCC)

サーキット上で時間と戦う

歴史の一片歴史の一片

刺激と危険に満ちた人生の準備はできていますか?FIA世界ツーリングカー選手権は、4月から11月にかけて、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、中東、南アメリカを舞台に、24ものレースが繰り広げられる国際モータースポーツ大会です。新進の若手スターが、ベテランドライバーを相手に、有名なロードカーをレース仕様に改造した車で挑戦し、その時速は、最高で265キロにも達します。

ゆっくりと落ち着くことは、世界を回るこのリスクの高いカーレースでは勝利を呼びません。ドライバーたちはいつフルスピードで進み、いつブレーキを踏み、いつゴールラインを狙い、そしていつ美しい風景を楽しむべきか、すべて把握していなければなりません。彼らは、路上でハンドルを操るように、危険と隣り合わせの生き方と、制御する生き方とのバランスを取っています。各部門でグランプリを獲得したことのあるベテランドライバーと、新進の若手レーサーが、シボレー、シトロエン、ホンダ、ラーダ、ボルボのロードカーをレース仕様に改造した車で戦います。今年のレーススケジュールでは、まるで伝統と未来のぶつかり合いのように、伝説のレーストラックと新施設が組み合わされる予定です。タグ・ホイヤーは世界を回るこのレースの公式タイムキーパーを務めると同時に、モータースポーツとして初の試みである「Manufacturers Against the Clock(WTCC MAC3)」のスポンサーも務めます。これは、ツール・ド・フランスにインスパイアされたチームトライアルであり、それぞれのマニュファクチャラーから3人のドライバーが参加し、速さを競います。さあ皆さん、エンジンをかけてください。記憶に残るライドが始まります。

世界ツーリングカー選手権(WTCC)

ディアポラマmobile_title_border