OK
 
By TAG Heuer, TAG HEUER TEAM —  11 Sep 2017

400点を10都市で展示する『Heuer Globetrotter(世界を股に掛けるホイヤー)』展

タグ・ホイヤーは、150年の歴史を祝福して、400点のウォッチを集めた前例のない展覧会『Heuer Globetrotter(世界を股に掛けるホイヤー)』を開催します。

mobile_title_border

9月16日から9月30日まで、合計400点のタイムピースが10のテーマに分かれて同時に展示されます。パリではクラシックなホイヤー、東京ではデザイン、ヴェネツィアではモータースポーツ、ドバイではダイビングなど、タグ・ホイヤーのユニークなアヴァンギャルドな精神をたどります。

ハリケーン「イルマ」によって大きな被害が出たマイアミの現状を考慮して、マイアミ ブティックで予定されていた『Heuer Globetrotter(世界を股に掛けるホイヤー)』展の開催が延期されました。フロリダ州における早急な災害復旧を祈念しております。新たな開催日程は決定次第お知らせいたします。

150年以上の歴史を誇るタグ・ホイヤーは、時計製造の世界におけるひとつの指標です。独自のノウハウは、伝統とパイオニア精神を組み合わせ、時代を超えたクラシックとなった革新で時を刻んできました。

「モナコ キャリバー11」と常識を覆したそのスクエアのデザインから、モータースポーツのためのさらに正確なクロノグラフの開発、あるいは1985年に伝説のF1ドライバー、アイルトン・セナとのパートナーシップ締結という画期的な発表まで、タグ・ホイヤーは、人々の記憶の中に痕跡を残してきました。

この精神において、タグ・ホイヤーは9月16日から30日まで、前代未聞のコンセプトを打ち出し、10のブティックで当時に10の展覧会を開催。『Heuer Globetrotters(世界を股に掛けるホイヤー)』展のために、400点のタイムピースが集められました。コレクターやマニュファクチュールの美術館から貸し出されたこれらのユニークなタイムピースは、タグ・ホイヤーの豊かな遺産を見い出す旅へと皆様をお連れします。

ポケットウォッチから搭載カウンターまで、そしてタグ・ホイヤーと時計製造業界の歴史に革命を起こしてきた数多くの特許など、タグ・ホイヤーは、高級時計製造における象徴的な指標へとブランドを変化させたその理由について、過去の栄光の中で明かします。

mobile_title_border

400点を10都市で展示する『Heuer Globetrotter(世界を股に掛けるホイヤー)』展

BEST SHOTSmobile_title_border