OK
 
By TAG Heuer, TAG HEUER TEAM —  06 Jul 2017

錦織圭、脅威の復活力で耐え抜く!

テニスの戦士、錦織圭は、けがとプレッシャーと戦いながら世界トップ10選手を目指し、数々の試合を経てもキレと着実さを維持しました。

mobile_title_border

冷静、正確、着実。錦織圭選手はそのすばらしい技術と強力なバックハンドで強い印象を与えます。わずか11歳で初の国内タイトルを勝ち取り、日本のテニスエリートの目を捕らえて以来、“エアK”は、グランドスラム男子シングルスのファイナルまで残った初のアジア出身男子選手となったのです。

今週初めにウィンブルドンで開催された、ウクライナの選手、セルジー・スタホフスキーとの対戦は苦しい試合であったにもかかわらず、ロベルト・バウティスタ・アグートとの対戦を控えた錦織選手は、以前のレベルまでその力を復活させることができました。

彼の両ウィングを打つ予想できないグラウンドストロークのスタイルは、短いのにコンパクトなバックスウィングでラケットをワインドアップし、ボールをまさに頂点で打つというもの。そのグラウンドストロークは彼が愛用する時計、「タグホイヤー アクアレーサー キャリバー5」のようにパワフルで正確です。

 

 

ハロー、ウィンビー! 🌱!

2017年6月29日5時11分(太平洋夏時間)、錦織圭さん(@keinishikori)が共有した記事です。

 

#tagheuerのバックステージ

2017年7月14日18時6分(太平洋夏時間)、錦織圭さん(@keinishikori)が共有した記事です。

錦織圭、脅威の復活力で耐え抜く!

ベストショットmobile_title_border

錦織圭、脅威の復活力で耐え抜く!

インスパイアされたウォッチmobile_title_border