アレック・モノポリー

反骨精神に富むアートクリエイター

歴史の一片歴史の一片

子供たちのヒーローやポップアイコンなど、誰もが知るキャラクターをモチーフとした作品を描くアレック・モノポリー。しかし、彼自身の顔はいつもマスクと帽子で隠されています。匿名でいたいという意向は、彼のアート作品と同じように、ストリートに端を発しています。ニューヨークのストリートアーティストであったアレックは、警察に捕まる危険を冒しながら活動していたのです。

やがて、2008年に幸運が巡ってきます。アレックは有名なボードゲームのキャラクターであるMr. Monopoly(ミスター・モノポリー/モノポリーおじさん)をモチーフとし、金融界に対する風刺画を描き始めました。ここからキャリアが動き始め、生活そのものが大きく変わりました。アレックはカリフォルニアに移り、エイドリアン・ブロディやロバート・デ・二ーロが彼の作品を購入しました。スクルージ・マクダックやリッチー・リットをはじめ、彼が描くキャラクターは成功の象徴となったのです。アレックはストリートを注意深く観察しながら、新しい表現方法を模索しています。彼が新たな挑戦の題材として選んだのは、イベント、マーケティング、そして商品です。彼がこの先も革新的な活動を続けていくならば、プレッシャーに負けずにその先進的な個性を維持していく必要があるでしょう。

アレック・モノポリー

ベストショットmobile_title_border

マイアミ・コンテンポラリー・アート・ウィークに合わせ、タグ・ホイヤーCEO兼LVMHグループ時計部門代表のジャン-クロード・ビバーが、話題の米国人アーティスト、アレック・モノポリーの起用を発表しました。

ディープダイブ エクスペリエンスmobile_title_border

アレック・モノポリー

インスパイアされたウォッチmobile_title_border


アレック・モノポリー

おすすめmobile_title_border

アレック・モノポリー

ニュースフィードmobile title border