November 20, 2019

唯一無二のタイムピース タグ・ホイヤー モナコ ピース ダート

芸術性と時計製造のクラフトマンシップが融合した「モナコ ピース ダート」は、アイコニックなモナコへのトリビュートであり、タグ・ホイヤーの中でも最もユニークなタイムピースです。

モナコ誕生50周年の集大成として、タグ・ホイヤーは唯一無二の「モナコ ピース ダート」を製作しました。 1969年に誕生したアイコニックな時計のオリジナルモデル(リファレンス番号:1133B) に修復と装飾を施したタイムピースが、2019年12月10日にニューヨークで開催されるフィリップスのゲーム・チェンジャーズ ウォッチオークションに出品されます(英語サイト)。このオークションの収益は、米国の慈善団体「United Way of New York City」に寄付されます。

このユニークなタイムピースの最も卓越した特徴は、透明なケースバックから眺めることができる、装飾を施したムーブメントです。時計師がムーブメントと部品を分解し、クロノグラフモジュールのあらゆる部分に細工を施しました。最も印象的な芸術性はブリッジに表れています。1970年代のスタイルをイメージさせるフォントを用い、秒分計用のクロノグラフブリッジに「Cal. eleven」、時間計ブリッジに「Monaco」と手作業で刻印されています。

IMAGE1-MONACO-PIECE

 

               
IMAGE2-MONACO-PIECE

 

タグ・ホイヤー ミュージアムから選ばれた「モナコ ピース ダート」には、タグ・ホイヤー社内のヴィンテージ アフターセールス部門に所属する専門の時計師による手直しが施されています。     4名の専門の時計師が3ヵ月にわたり「モナコ ピース ダート」の手直しに取り組みました。

 

唯一無二のタイムピース タグ・ホイヤー モナコ ピース ダート

ギャラリーmobile_title_border

Paramètres des cookies