ペトラ・クビトバ

逆境に立ち向かうとてつもないチャンピオン、そして心の温かいプレイヤー

歴史の一片歴史の一片

生年月日
1990年3月8日

出身地
チェコ共和国フルネク

プロフィール
2度のウィンブルドン選手権シングルス優勝を含むWTAツアーでの22勝を挙げ、フェド杯ではチェコ共和国の5度の優勝に貢献。2016年リオデジャネイロオリンピックの女子シングルスで銅メダルを獲得。

フォロー

ペトラ・クビトバにとって、テニス界のエリートへの道は、ラケットを持つことさえできない頃から始まりました。未来のチャンピオンは、3歳からチェコ共和国フルネクのクラブのコート上にある黄色の小さいボールに夢中になっていました。

ペトラ・クビトバは、テニス好きの父からボールの打ち方を習い始め、懸命に練習しました。厳しい気候のチェコ共和国東部では、球足が速いインドアコートでのトレーニングが盛んです。チェコのテニス界のレジェンド、マルチナ・ナブラチロワに魅了されたペトラ・クビトバは、攻撃的なプレー、パワフルなフォアハンド、そして手強いサーブを身に着けていきました。

クビトバが、パルドゥビツェで行われた名誉あるジュニアトーナメントで優勝し、プロとしてのキャリアをスタートさせた時、彼女はまだ16歳でした。

その後すぐに数々の勝利を獲得します。2011年、マドリードで行われた自身初めてのクレーコートでのトーナメントで優勝し、トップ10入りを果たしました。その2ヶ月後、彼女の憧れのマルチナ・ナブラチロワが20年前に経験したように、ウィンブルドンで名誉あるヴィーナス・ローズウォーター・ディッシュ・トロフィーを授与されました。

ペトラ・クビトバは今、歴史を塗り替えています。男女を通じ1990年代生まれで初のグランドスラム優勝者となった彼女は、テニスのエリートであることを示すWTAワールドランキングで2位となりました。

すべての試合で闘争的でありつつも、思いやりがあり常に自分自身に打ち勝つという確固たる意志を持っているペトラ・クビトバ。彼女はタグ・ホイヤーのアンバサダーの一員となり「#dontcrackunderpressure<プレッシャーに負けるな。>」というスピリットと価値感を日々共有しています。

そのプレーと、コートの内外でのエレガントな存在感により賞賛を浴びるペトラ・クビトバは、世界中の女性たちのシンボルとなっています。

ペトラ・クビトバ

ベストショットmobile_title_border

ディープダイブ エクスペリエンスmobile_title_border

ペトラ・クビトバ

おすすめmobile_title_border