Jリーグ

歴史の一片歴史の一片

日出ずる国、日本ではサッカーブームが加速しています。新シーズンのたびに、ファンたちの嵐が列島各地のスタジアムを席巻。スタンドは各クラブのカラーで埋め尽くされ、ファン・サポーターはお気に入りの選手たちが日本サッカー界の頂点と評されるJリーグでプレーする勇姿を応援しています。

1993年に開幕されて以来、多くのトレーニングセンターが創設され、国際的に活躍する選手たちが経験を積み重ねてきた今、Jリーグは成熟さを増し、欧州のサッカー大会にも値するレベルまで到達しています。日本のトップ54のクラブはタイトルを賭けた熱戦を繰り広げ、技術的にも体力的にも限界に挑戦しています。

戦術的な面からも、選手たちは高いスキル、強靭さ、精度を駆使して勝利を目指し、これまでになく幅広い層の人々にサッカーへの情熱を伝えるまでになっています。素質の高さと向上心は、サッカー界への尽力を誇るタグ・ホイヤーにも通じるものがあります。

今シーズンのJリーグオフィシャルタイムキーパー兼公式パートナーを務めるタグ・ホイヤーは、スイスのウォッチメーカーとして、試合時間の計測や試合中のアクションにおける規定時間の基準となっています。そして今回、このJリーグの歴史に初めて携わります。