中国の火星探査プログラム

惑星ハンターというドリームクリエーター

歴史の一片歴史の一片

赤い惑星がまもなく新たなプログラムを搭載したウォッチの監視下に…この驚異の新規遠征がカウントダウンに入ります。

フォロー

これまでに見たことがない姿の火星。これは、2020年までにあの赤い惑星に到着しようというプログラムを開発中の中国当局が指揮する一大プロジェクトです。探査車は7ヵ月の宇宙旅行を経て火星に着陸し、可能な限り詳しく火星を探査する予定です。この探査車の重量は200kgあり、これを6つのホイールと4つのソーラーパネルで動かします。探査車は、火星滞在3ヵ月で自らのその使命を全うします。この滞在期間中は、太陽系第4惑星の環境や大気はもちろん、土壌の成分についてもデータを収集します。
中国は現在、この目標を達成すべく多額の投資をしています。そのミッションを背負った宇宙飛行士たちがこれを成功させるには、落ち着いた心で臨む必要があります。宇宙に挑むには、なおさらプレッシャーには負けたくないもの…特に地球から7500万キロメートルもの場所となれば!

中国の火星探査プログラム

ディープダイブ エクスペリエンスmobile_title_border

CHINA'S MARS EXPLORATION

ニュースフィードmobile title border