世界耐久選手権(EWC)

ミッションを遂行するモーターサイクル

歴史の一片歴史の一片

彼らは何のために耐えるのでしょうか。FIM世界耐久選手権は、最初の世界規模で開催されるモーターサイクルレースで、常設のレース施設で8時間から24時間まで複数行われる耐久レースを特徴としています。フランスのル・マン24時間レースでは、レーサーとマシンは昼夜を問わず1日中続くレースを戦います。このレースの後には、ポルティマオ12時間(ポルトガル)、鈴鹿8時間(日本)、そしてオッシャースレーベン8時間(ドイツ)のレースが予定されています。

スリリングで、極めて刺激的で、感情をかき立て、そして緊張の多い世界耐久選手権は、決断力と強さ、そして道路への愛情が求められます。ライダーは大けがを負ったり、エンジンをオーバーヒートさせたり、怒りを爆発させる危険を冒しながら、チャンピオンを目指します。ライダーとバイクは調和して走り、人とマシンは壮大で超人的な偉業を達成するために一体となります。彼らは勝つためにここに立ち、どれほど肉体と精神を消耗しても、立ち止まることはありません。世界のすべてが眠りにつく間も、彼らは走り続けます。モーターサイクルレースは私たちの遺伝子のなかに根付いており、バイクは私たちの血の中を流れます。タグ・ホイヤーは世界耐久選手権の公式タイムキーパーを務めています。共に選手権を盛り上げましょう。

世界耐久選手権(EWC)

ディアポラマmobile_title_border