メジャーリーグサッカー

赤、白、そして勇士

歴史の一片歴史の一片

きつく結ばれたスパイクシューズの紐。しっかりと締められたすね当て。今にも吹き出しそうな汗のために用意された赤、白、青のユニフォーム。歓声を上げる観客と、観客席とゴールの間に立つ11人の選手たち。行け!がんばれ!鳴り響くホイッスル。さあキックオフ。アメリカンサッカーへようこそ。

愛国歌「マイ・カントリー・ティズ・オブ・ジー」はアメリカを「自由の国」と謳っていますが、最近では「サッカーの国」となりました。サッカーの世界的現象は、この国で最も有名なスポーツとなる機運を作り、そして実際にそのひとつになりました。タグ・ホイヤーは、メジャーリーグサッカーの公式時計兼公式タイムキーパーを務めると同時に、男女の成人ナショナルチームを含む米国サッカー連盟の公式タイムキーパーを務めます。また、リーグの公式タイムキーパーであるレフェリーもサポートするべく、プロフェッショナル・レフェリー・オーガニゼーション(PRO)のスポンサーも務めています。アメリカにおけるサッカーは、日に日にその存在感を増し、速く、そして強くなっています。サッカーは、練習、情熱、そしてゴールのことだけを考える精神が求められるゲームです。たとえ雨でも、ピッチがぬかるんでいても、恐ろしく寒くても、激しく暑くても、延長戦になっても、選手たちは試合の中止を決して望みません。さあ、キックオフの時間です!「U-S-A!U-S-A!」