ガルフ

歴史の一片歴史の一片

1901年に創業したガルフは、石油メジャー「セブン・シスターズ」のひとつです。
この石油会社は、100年以上にわたって、卓越性と革新の長い伝統を維持してきました。最初のガソリンスタンドや、海洋石油の発見など、ガルフは常に時代に革命を起こしてきました。

1913年12月、ペンシルバニア州ピッツバーグに、世界最初の給油所がオープンしました。その小さな看板に書かれたGULFの4文字は、時間の使用に革命をもたらすこととなりました。

100年以上前にアメリカで設立されたこの会社は、世界で最も古い石油会社のひとつであり、最も革新的な石油会社のひとつでもあります。常にアバンギャルドな姿勢で、海洋石油の発掘などの道を切り開きながら、産業をリードしてきました。

現在、起業家精神と先見性にあふれる同社は、100か国以上で展開しています。そして、オレンジのディスクをブルーで縁取ったガルフのロゴは、現在、モータースポーツの世界にも浸透しています。

ガルフもタグ・ホイヤー同様、限界を押し広げることとパフォーマンスを高めることに情熱を燃やし、絶えず革新を追求してきました。その強い思いは、劇中でスティーブ・マックイーンが、ブルーとオレンジのガルフカラーのフォードGT40を運転した1971年の映画『栄光のル・マン』によって、後世にまで伝えられています。

以来、ガルフは、FIA世界耐久選手権をはじめとする数々の栄誉あるイベントを支援し続けてきました。タグ・ホイヤーをパートナーに選ぶことで、ガルフは、「品質、耐久性、情熱」という伝統的なコアバリューをより多くの人々と共有します。

ディープダイブmobile_title_border

GULF

ニュースフィードmobile title border