トップストーリー
January 30, 2017

タグ・ホイヤーとともにリーグのトップへ

タグ・ホイヤー・バーチャル・ブンデスリーガ2016/2017の一環として開催された特別なタグ・ホイヤー ワイルドカードトーナメントにて、サバス・デザノグルが勝利を収めました。

タグ・ホイヤーとともにリーグのトップへmobile_title_border

ブンデスリーガ1部・2部リーグの公式パートナーおよび公式タイムキーパーを務め、バーチャル・ブンデスリーガにその名を冠するスイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーは、昨日、タグ・ホイヤー・バーチャル・ブンデスリーガの2016/2017シーズンの一環としてワイルドカードトーナメントを特別開催しました。EAスポーツとの共同開催となった同イベントは、これまでに類のない公式トーナメントとなりました。

タグ・ホイヤーがドイツのプロeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)界から厳選した12人の出場者は、ケルン中心部の歴史的名所、マルツファブリックで戦いを繰り広げました。様々なクラブやグループに属するプロゲーマーが、通常のトーナメントの舞台を離れてこの種の選抜イベントで対戦したのは、今回が初めてのことです。トーナメントの出場者は、グループリーグ(個別の8ラウンド)、準決勝、決勝と、バーチャルな競技場で全力を尽くして戦いました。

タグ・ホイヤー トーナメントの主な顔ぶれには、エアハン・"Dr. エアハノ"・カイマン、ミルツァ・ヤヒック(タグ・ホイヤー・バーチャル・ブンデスリーガ2013/2014の優勝者)などeスポーツ界の大物、FCシャルケ04やVfLヴォルフスブルクのeスポーツチームの選手、およびeスポーツ界で名を知られるその他の面々が含まれます。出場者は、今シーズンのベストプレーヤー20名のみが手に入れられるという垂涎の的、タグ・ホイヤー・バーチャル・ブンデスリーガ2016/2017の本大会出場権獲得を目指してプレーしました。努力が実って本大会に進出できた出場者は、2017年4月15~16日に真っ向勝負をするのです。

昨日、タグ・ホイヤー ワイルドカードトーナメントで勝利を収めたサバス・デザノグルに拍手を贈ります。彼は他のプロeゲーマー11人に立ち向かう際、プレッシャーに負けませんでした。

タグ・ホイヤー・バーチャル・ブンデスリーガ2016/2017におけるその他のオフライン選抜イベントの開催予定や参加条件の詳細は、www.virtuelle-bundesliga.deでご覧いただけます。

タグ・ホイヤーとともにリーグのトップへ

ベストショットmobile_title_border

タグ・ホイヤーとともにリーグのトップへ

インスパイアされたウォッチmobile_title_border