May 13, 2015

『Steve McQueen : The Man & Le Mans』2015年度カンヌ映画祭にて上映

今年のカンヌ映画祭では、1971年に公開された『Le Mans(栄光のル・マン)』のメイキングドキュメンタリーである『Steve McQueen: The Man & Le Mans』が16日(土)にプレミア上映され、タグ・ホイヤーを象徴するアンバサダーのスティーブ・マックイーンが脚光を浴びます。

このドキュメンタリーでは、インタビュー、そしてパリとロサンゼルスの地下室や車庫に手つかずのまま残っていた未公開映像を集めた作品で、彼が映画『Le Mans(栄光のル・マン)』の完成を確信するために奮闘し、何かに駆られた複雑な映画スターの姿を観客の前にさらけ出します。

今回、スティーブ・マックイーンの息子であるチャド・マックイーンがカンヌに登場し、ディレクターのジョン・マッケナおよびガブリエル・クラークとともにこのドキュメンタリーを紹介します。


スティーブ・マックイーンの伝説は永遠です。一人の俳優、そしてレーサーを超えて彼は伝説となりました。タグ・ホイヤーのように、彼は自らを抜きんでた存在に位置づけ、プレッシャーに決して負けることはありませんでした。ブラック アリゲーターストラップが付属するスタイリッシュでレトロな60年代スタイルの彼のモナコ ウォッチは、『Le Mans(栄光のル・マン)』によってアイコンとなりました。

 

Paramètres des cookies