1887 1860年以来 時を刻む 振動ピニオンの特許取得

  クロノグラフ界における大きな進歩:タグ・ホイヤーが機械式ストップウォッチ用に、その後その名を轟かせることとなった「振動ピニオン」を発明。1887年にその特許を取得。今日でも、機械式クロノグラフ製造の主要メーカーで採用されている他、タグ・ホイヤーが自社で開発、製造した4番目のムーブメント「キャリバー1887」などにも採用されています。