革新

1916

「マイクログラフ」と「マイクロスプリット」:1/100秒の精度

1/100秒の精度を誇る世界初のスポーツ用ストップウォッチ「マイクログラフ」と「マイクロスプリット」を開発。「マイクロスプリット」はフライバック針により、同時に2つの計時が可能。これらの新しい開発により、科学、産業、時計製造に大変革がもたらされ、1920年のオリンピックでタグ・ホイヤーが公式計測器サプライヤーに選ばれたことは当然の結果でした。

{$content}