ストーリー

スティーブ・マックィーン

スティーブ・マックィーンは、アメリカ映画界の偉大な伝説的人物の一人ですが、その下積み時代には明るい未来はありませんでした。「俳優として成功していなかったら、ごろつきになっていたであろう」と言った彼は、権力にはむかうタフで独立心旺盛な子供でした。10代のとき、彼は手に負えない少年達が暮らすカリフォルニア州立少年院に収容されました。マックィーンは少年院からの脱走を試みましたが、後に、少年院のおかげで更正できたことを認め、長きに渡ってこの組織を支援しました。

 

海兵隊で波瀾万丈の兵役を終えた後、彼は偶然にも俳優の道へ進みました。マックィーンは、一生懸命演技を磨き、後に、サム・ペキンパー、ノーマン・ジェイソン、ジョン・スタージェスといった彼の時代の最も素晴らしいディレクター達と一緒に仕事をすることになります。映画「ブリット」、「大脱走」、「華麗なる賭け」、「栄光のル・マン」のリメイク版がしばしば製作され、彼の役も演じられますが、スティーブの気さくな男らしいカリスマ性をそのまま再現できる人は誰もいません。

 

生涯にわたる自動車レースへの情熱は、若い頃から培われていました。かつて「私はレーサーをしている俳優なのか、俳優をしているレーサーなのかどちらかわかりません。」とマックィーンは言っています。彼は、1971年に映画ファンを熱狂させた「栄光のル・マン」でレーサーと俳優の両方を同時に実現しました。ドライバー、マイケル・ディレニー役を演じたマックィーンは、劇中で自分のポルシェ917に乗り、ル・マン24時間耐久
レースを走りました。

 

役作りのために、マックィーンはサーキットの側のドライバー用トレーラーに住み込み、自動車レースとともに生活をしました。プロドライバー、ジョー・シフェールについてまわっているとき、スティーブはシフェールがモナコを着けていることに気付きました。本物らしさを求めていた彼は、すぐに自分用の時計を注文しました。

 

映画の中ではっきりと見える彼のタグ・ホイヤー モナコ キャリバー12 クロノグラフは、氷のようにクールな存在であり、それがモナコの現在のアイコン的地位につながりました。

 

スティーブ・マックィーンは、自分のキャリアは常に挑戦することであり、自身をさらに高めるためのチャンスだと考えていました。これと同じ精神はプロの自動車
レースにもあり、そして、常に進化するタグ・ホイヤーにもあります。

{$content}