スティーブ・マックイーン 反逆者

成功へのユニークな道

「レーシングは人生だ。その前と後にあるのはすべて、待つことだけ。」

スティーブ・マックイーンが現れる以前、ハリウッドはただヒーローと悪者を吐き出す機械のようなものでした。映画はカラーでもそのコードと価値観は白黒のままでした。善人と悪人、その中間はなかったのです。

ブルーの瞳のクールな男が君臨してからは、すべては彼のものでした。映画スターたちは、権力に対する自信みなぎる反逆や、リラックスしていながら決してプレッシャーに負けない男らしいスタイルをこぞって身に付けようとしました。しかし誰もマックイーンのようにはなれませんでした。

タグ・ホイヤーのように…

スティーブ・マックイーンのレガシーは不滅です。俳優兼カーレーサー、そしてそれ以上の人物であった彼は伝説となりました。基準を常に高い位置に持ち、決してプレッシャーに負けませんでした。タグ・ホイヤーのように。
幼少時代、母親に面倒を見てもらえなかったスティーブ・マックイーンはミズーリの叔父の農場へと移りました。そこで叔父に与えられた輝く赤い自転車が、後の人生でイマジネーションをかき立てるようになる、ピードへの愛とレースへの情熱を呼び覚ましました。それ以降の彼の子供時代は大恐慌時代におけるディケンズの物語さながらとなっていきます。

壊れかけた家から家へと移り住み、12歳の頃には不良の仲間入りをし、14歳のときには路上生活をしていました。サーカスに入り、少年院に送られ、出所後は海兵隊に入隊します。そして俳優の道に入り、ハリウッドが彼を見出しました。彼の初恋であったレースに出場するために映画に背を向けることがあったにもかかわらず、20年に渡りヒット作が続きました。最初はバイクでした。1980年に亡くなるまでに100台以上のヴィンテージバイクを所有していました。そして車です。ポルシェ908/02に乗り込み参戦した1970年のセブリング12時間レースでは、2週間前にバイクで事故を起こし左足にギプスをはめながらも2位に食い込みました。その年の後半、レーシング映画『栄光のル・マン』で別のポルシェを運転した際にはホイヤー社のロゴが輝くレーシング・スーツに身を包み、腕にはスクエアケースのホイヤー ウォッチ、モナコを着用していました。ブルーの文字盤とブルーの瞳の男はそれ以来永遠に結びつくこととなりました。スティーブ・マックイーンは限界を認めない先駆者であり、我が道を行く反逆者であり、そして何があっても決してプレッシャーに負けませんでした。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。