ストーリー

セバスチャン・オジェ

世界ラリー選手権(WRC)に参戦中のセバスチャン・オジェは、“時を制する”ことの意味が痛いほど分かっているドライバー。「ラリーでは、わずかコンマ1秒に天と地ほどの差があります」と語るオジェ。2011年には5勝という素晴らしい成績でドライバー部門3位に輝きました。

 

フランス出身の若きチャンピオン、オジェは、その群を抜く走りで2008年ジュニア世界ラリー選手権のタイトルを獲得し、国際舞台に華々しく登場します。その後2年間、シトロエンのジュニアチームで勝利を重ね、表彰台でおなじみの顔になっていくと共に、過酷な状況の中でのそのドライビングスタイルが強い印象を残してきました。2011年に5勝を挙げた後、2013年に投入予定の新しいWRCマシンを開発するため、フォルクスワーゲン・モータースポーツに移籍しています。

 

オジェがアンバサダーになることで加わったラリーを始め、タグ・ホイヤーは、F1、耐久レースに参戦しているアウディ・スポーツ チーム、モナコ自動車クラブ、インディ500といったあらゆるタイプのモータースポーツに情熱と支援を惜しみなく注いでいます。オジェはまた、タグ・ホイヤーのデザイナーやエンジニアたちと協力しながら、新作の「アヴァンギャルド・アイウェア」の商品開発にも携わっています。オジェと一緒にレースを戦っているのが、超軽量の卓越の性能と最高のかけ心地を兼ね備えたアイウェア「タグ・ホイヤー スクアドラ 5500」です。

{$content}