セバスチャン・オジェ フランス人チャンピオン

成功へのユニークな道

「どこにいようとも、何をしようとも、ハンドルを握るのは自分自身。プレッシャーが小さくなることはない。ただそれに負けず運転するだけさ。」

オジェ選手以前にも、素晴らしいWRCチャンピオンはたくさんいましたが、ジュニア選手権で最初のWRCポイントを獲得するなど、彼ほど早いキャリアのスタートを切った人物はほとんどいません。

また、これだけ早くトップの座に上り詰めたレーサーもいません。シーズンのほとんどのステージを制し、多くのポイントを獲得。表彰台には33回上がり、ラリーでは23勝を果たしました。2013年世界ラリー選手権やレース・オブ・チャンピオンズを制すなど、すでにラリー界の伝説です。彼が見ているのは先にある挑戦。プレッシャーに負けることはありません。プレッシャーがあるからこそ成長するのです。

タグ・ホイヤーのように...

セバスチャン・オジェの目標は、勝つことただ一つ。新しいWRCカーで1年間集中的に調整した後、2013年のレースでトップに返り咲き、世界ラリー選手権で9勝を果たしました。
すぐに自身のタイトル防衛に向け、世界で最も権威のあるラリーレース、モンテカルロ・ラリーに出場するとシーズン初優勝を決め、ラリー・オーストラリアでは、ここ25年で最速であり、フォルクスワーゲンの2年連続となるマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得しました。

2レース後のラリー・スペインでは、2度目のドライバーズタイトルを獲得し、史上5人目となる2年連続の総合チャンピオンに輝きました。この勢いは来年も続くのでしょうか?1つだけ確かなことは、セバスチャン・オジェが唯一無二の存在であり、真の偉大さを運命づけられた人物であることです。なぜなら彼は、タグ・ホイヤーのように完ぺきを求め、常に前に進み、プレッシャーに負けることがないからです。

詳細を読む

その他のアンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。