オラクル カムバックを果たしたクルー

成功へのユニークな道

「競技とは、それ自体にやる意義があるのです。アスリートは常に挑戦を受けて立ち、それが厳しいものであればあるほど気持ちも高まるのです。」

ジミー・スピットヒル

オラクル・チームUSAが現れる以前、アメリカズカップでボートが遅れを取り、しかも8対1というまさに優勝に王手をかけられた状態において逆転することはほとんどあり得ませんでした。ところが、ジミー・スピットヒルとクルーはすべての予想を覆し、ボートを立て直しスポーツ史上最高の逆転勝利の一つを成し遂げたのです。 このドラマチックな勝利によって、いかにしてそこにとどまるか、そして決してプレッシャーに負けないという不屈の精神と復活力における新しい基準がスポーツ界において作られたのです。

タグ・ホイヤーのように…


限界を超えるほどのプレッシャー:8対1でリードする対戦チームは、誰もが確信した勝利を目前に今にもシャンパンを開けようとしていました。第34回アメリカズカップで、ディフェンディングチャンピオンであり世界最速かつ最高額のレーシングヨットを生み出したオラクル・チームUSAは、まるで沈みかかった船のように負けてしまうと思われていました。

ところが第9日目、対戦チームが激しい風を読み違えるその合間を縫って、ジミー・スピットヒル率いるクルーはその日のレースに勝利しました。一日だけ生き延びた、もうあきらめて家に帰れと専門家たちは言いました。しかし彼らはあきらめませんでした。翌日第10日目、また勝利したのです。そしてその翌日もそのまた翌日も。7連勝を続けて迎えた最終日第15日目、17番目のレース。この日の勝者がすべてを手に入れる、最古の国際スポーツイベントであり最も権威あるヨットレースの歴史の中でもたった3度目の特別な日となりました。勝機は彼らの手にありました。サンフランシスコ湾を横切る14ノットの向かい風を切りながら、地元サンフランシスコの観衆が沿岸で声援を送る中、酷評していた専門家たちまでがヨットに飛び乗ります。アメリカズカップ最高の逆転だと言いながら。違います。これはスポーツ史上最も感動的な逆転勝利です。スポンサーであるタグ・ホイヤーと同じように、オラクル・チームUSAは信じることを忘れずにしっかりと前を向いているのです。決してあきらめず、限界を認めず、どんなに風当たりが強くともプレッシャーに負けません。

詳細を読む