ナディア・コマネチ どこまでも完璧さを追求する者

成功へのユニークな道

「魔法なんてあるはずがない。努力だけが夢を現実にしてくれるのです。秘訣?ただ誰よりも努力をするだけです。だから勝てるのです。」

ナディア・コマネチが現れる以前、完璧さとは抽象的な概念でした。想像することは可能であっても、達成することは不可能なものでした。

1976年のオリンピックでコマネチが10点満点を出してから、不可能とは過去のものとなりました。そして人類は、恐れを知らない14歳の小さなルーマニア出身の少女によって初めて可能性を超えて完璧さの領域に踏み込むことができました。

タグ・ホイヤーのように…

タグ・ホイヤーと同じように、ナディア・コマネチの最大の強みは大胆さと正確さです。
オネシュティの小学校にスカウトにやってきたコーチが、幼稚園の庭で友達と体操をしながら遊ぶ6歳の少女を見つけました。コーチがその少女を、全スポーツの中でも最も恐ろしい場所の一つである10センチ幅の平均台の上に乗せてあげると、少女は全く恐れを持たずに完璧なバランスを見せました。

コーチは少女の持つスキル、振る舞い、気品、そしてやると決めたことは必ずやってみせる絶対的な自信を一瞬にして感じ取りました。1年を待たずして少女は国内で上位を争うまでになりました。13歳になる頃には、彼女の重力に逆らうかのような新しい動きと革命的な着地についてのうわさが世界の体操界にあっという間に広がりました。たとえば段違い平行棒の技のひとつである「コマネチサルト」は、高いバーを飛び出しながら開脚前方宙返りでまた同じバーをつかむ技です。世界中どこを探しても、同じようなことができる少女は一人もいませんでした。他の選手が夢にも思わないような演技をナディアはこともなげにやってのけるのでした。翌年のオリンピック第1日目、彼女はスコアボードを壊すことになる演技で世界を驚かせます。10点満点となった彼女の得点が掲示板には1.00と表示されました。満点を取る選手が出現することなど想定していなかったためです。世界中が驚き息をのむ中、彼女の満点の演技はその後も何度も繰り返されました。最年少の体操オリンピックチャンピオンとなった彼女は、完全主義者であることの意味を永久に変えてしまったのです。コマネチは限界を認めない真の先駆者であり、何があっても決してプレッシャーに負けません。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。