マーロウ・ファン・ライン ブレード・ベイブ

成功へのユニークな道

「人生における真の障害とはビジョンと野心の欠如です。」

マーロウ・ファン・ラインが現れる以前、女子パラリンピック陸上競技では国際的なスーパースターと称される選手はいませんでした。

爆発的なパワーや記録を破るスピードの速さに言及するまでもなく、マーロウの持つ気品と美しさは、このスポーツを新しいレベルへと押し上げました。そして世界に新しいヒーローが送り込まれたのです。あらゆる障害に挑み、決してプレッシャーに負けない若い女性が。

タグ・ホイヤーのように…

マーロウ・ファン・ラインは、速く美しく、勇気と気力を絵に描いたようなアスリートです。
1991年10月22日オランダの小さな町で、膝から下が無い状態で生まれたマーロウ・ファン・ラインは、まずその無限のエネルギーを水泳に注ぎました。オランダで自由形記録を樹立し、ヨーロッパ及び世界の選手権に出場しました。

彼女の野心がスイミングプールの中だけでは収まらなくなった4年前、カーボンファイバーでできた新世代の下腿義肢をつけてオランダのパラスレティック・トラック・チームのトライアウトを受けました。その2年後の2012年、ロンドン・パラリンピックに出場し、陸上競技200メートルで金メダルを獲得しました。現在彼女は義肢をつけた世界最速の女性であり、100メートル、200メートル及び400メートルの世界記録保持者です。自身の持つ世界記録を破り続け、もっと努力してもっと手に入れたいと思う彼女には誰も追いつくことができません。限界を認めない先駆者であり完璧を追い求め、何があっても決してプレッシャーに負けないからです。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。