ストーリー

マリア・シャラポワ

4歳にしてマリアがいつも持っていたものは古いダンロップのテニスラケットでした。彼女の才能は5歳ですでに明らかでした。モスクワでのマルチナ・ナブラチロワとのトレーニングや米国でのニック・ボロテリーのテニスキャンプに参加したことからもよく分かります。マリアの父親はお金を工面し、フロリダのボロテリーコーチに若いマリアをなんとか指導してもらおうとしました。7歳になったマリア・シャラポワは、テニス界のスターダムへと上り始めます。

 

「アメリカに行ったときは、楽ではありませんでした。」とシャラポワは言います。「母には2年間会えなかったし、父ともほとんど会えませんでした。私は一人で寮に住み、多くのものを犠牲にしました。」しかし、若かったけれども、チャンピオンになるためには生まれつきの才能以上のものが必要であることをマリアは知っていました。

 

すでにジュニアチャンピオンであったマリア・シャラポワは、14歳でプロデビューしました。2002年にWTAランキング532位にランクインした彼女は、それからわずか2年後にウィンブルドンを制覇し、大会史上3番目の年少記録を残し、また、ウィンブルドンを制した初のロシア人プレイヤーとなりました。2005年までにマリアは、ロシア人女性初のランキング1位を獲得しました。2006年には、全米オープンで優勝し、2つ目のグランドスラムタイトルを獲得しました。2007年のシーズンは慢性の肩の故障に悩まされたにも関わらず、シャラポワは復活し、2008年のオーストラリアオープンで3つ目のグランドスラムを獲得しました。

 

しかし、肩の回旋腱板の損傷が再発したことより、彼女はほぼ丸一年テニスから離れることを余儀なくされました。当然のことながら、マリア・シャラポワにとっては、手術のような小さな事は目標を阻むものではありません。2009年、彼女はWTAランキング126位でテニスコートに戻ってきました。その後、2012年の全仏オープンで自身4度目のグランドスラムを制し、ロンドンオリンピックでは銀メダルを獲得、ランキングも2位まで戻しました。「私を動かす力と強固な意志の源はロシア人の血です。」とマリアは語っています。「何の理由もなかったら、9歳の私がフロリダの太陽の下で毎日6時間も練習しなかったでしょう。」

 

シャラポワは、タグ・ホイヤーの情熱と性能の価値を体現しているだけでなく、ナチュラルな魅力とエレガンスも兼ね備えています。これは、彼女がデザインに参加したタグ・ホイヤーのサングラスやフォーミュラ1 レディ セラミックウォッチなど、彼女が選ぶアクセサリーにも反映されています。マリア・シャラポワは、タグ・ホイヤーと同じく、スタイルと本質が密接につながっています。