マリア・シャラポワ 競争者

成功へのユニークな道

「私は次の誰かではありません。最初のマリア・シャラポワです。」

マリア・シャラポワが現れる以前、女子テニスプレーヤーの場合プレーを見るのが素晴らしいか、その容姿を見るのが素晴らしいかのどちらかでした。卓越した美しさに卓越した才能と決意、その2つを兼ね備えたプレーヤーはほとんどいませんでした。

マリアの場合、美と気品、パワー、そして振る舞いがすべて完璧なバランスなのです。男性であろうと女性であろうと試合をする上で最もエキサイティングで完璧な対戦相手の中にあっても、彼女は絶対にあきらめず、どんなプレッシャーにも決して負けません。  

タグ・ホイヤーのように…

マリア・シャラポワは自分への挑戦をやめません。常に限界を押し上げ、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのように。
彼女が最初にテニスラケットを手にしたのは4歳の時でした。6歳になる頃には、すでに彼女の力とスピードはモスクワのトッププレーヤーやコーチたちの注目を集めるまでになっていました。7歳の時、一言も英語が話せないままにフロリダに移ります。9歳で英語を完全にマスターした彼女は世界最高のテニスアカデミーの一員となりました。

13歳で初めてジュニアチャンピオンとなり、17歳でウィンブルドンを制しました。まだ子供でありながら突如として世界でスポットライトを浴び、スポーツのページと同様にファッションやセレブ雑誌でもビッグスターとして扱われました。彼女も今まで多くの天才児たちがそうであったように途中で挫折してしまうだろうか。彼女は18歳で世界ランキング1位、19歳で全米オープンのチャンピオンとなることで答えを出してくれました。肩の故障に悩まされたにも関わらず復活し、ゲームを立て直し、力をつけて3つ目のグランドスラムである全豪オープンにも優勝しました。次のチャレンジはクレーコートです。球足の速いコートに強い彼女はクレーでも完璧なプレーをするための努力を重ね、スライドすることを学び、さらに速くなり、自信を持ち、機敏な動きを身に着けました。そこにまた悲劇が襲います。同じ肩の故障です。今回はキャリアをあきらめなければならない可能性もあるほどの手術が必要となりました。今度こそ挫折し、あきらめてしまうだろうか?彼女は2011年に復活し、トップ10入りを果たすことでまたも答えを出しました。そして翌年、全仏オープンの厳しいクレーコートで素晴らしい優勝を手にし、ついにテニスで最も権威あるキャリア・グランドスラム・クラブのメンバーとなりました。世界最高金額を稼ぐ女性アスリートはあらゆることにおいてベストとなろうとしています。マリア・シャラポワは限界を認めない先駆者であり、何があっても決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。