ストーリー

カルン・チャンドック

インド出身のセンセーショナルを巻き起こしたレー
サー、カルン・チャンドックは、短期間に記録破りのキャリアを築きました。2000年に史上最年少でインドのレーシングチャンピオンに輝いた後、2001年に最年少アジア・フォーミュラチャンピオンのタイトルを獲得しました。その後3年間、カルンはイギリス・フォーミュラ3シリーズにおいてトップ集団の常連となりスキルを固めました。さらに2006年のフォーミュラV6・アジアにてさらに優勝と記録更新を重ねました。

 

チャンドックのドライバーとしてのキャリアは、インドがフォーミュラ1との関わりを深めていったこととまさにつながっています。2007年にインド初のフォーミュラ1チームがグランプリに参戦したとき、チャンドックは、公式サポートレースのGP2シリーズのドライバーでした。その年、彼はベルギーGPで優勝し、フォーミュラ1グランプリ大会でインドの国歌が初めて演奏されました。

 

チャンドックは、フォーミュラ1チームの目に留まり、2007年にはレッド・ブル・レーシングチームからF1マシンの試験走行に呼ばれました。これにより、24歳の最年少で試験走行を行ったインド人となりました。2010年、かつてGP2でチームメイトだったブルーノ・セナのチームメイトとして新しいF1ヒスパニアチームに加入したとき、この経験が役に立ちました。チャンドックの腕はみるみるうちにあがっていきました。このシーズン、マシンの試験走行なしに本番を迎えるという試練に立たされました。しかし、フォーミュラ1はすべて計算された賭けです。チャンドックは、自身の知力と恵まれた才能を存分に発揮して難局を乗り切りました。

 

2012年には耐久レースにも参戦し、チャンドックは自らのレーシングテクニックにますます磨きをかけ、世界の若いレーサー達の希望の星となるでしょう。彼にとって、タグ・ホイヤー グランド カレラ キャリバー 8 RS 自動巻クロノメーターのスプリットセコンド機能が役立っています。C.O.S.C.認定のクロノメーターであり、セカンドタイムゾーンを表示する特許取得済のローテイティング・システムを備えるグランド カレラは、タグ・ホイヤーの自動車レースの伝統とアヴァンギャルドで正確な計時を体現しています。