ジミ・ヘンドリックス ギターの神様

成功へのユニークな道

「俺が自由だとしたら、それは常に走り続けているからさ。」

ジミ・ヘンドリックスが現れる以前、ギター演奏は単純なものでした。片手はフレットに、もう片方は弦をかき鳴らすだけ。

そんな中でジミはギターを逆さまにしたり、歯や背中で弾いたり、火を放ったり。まさしくロックンロールなパフォーマンスで音楽におけるその後の歩みを永遠に変えてしまいました。彼の肩にビジネスとしての要求が重くのしかかっていても、彼は自分の芸術に常に忠実であり続けました。音楽だけが彼のすべてでした。

タグ・ホイヤーのように…

ジミは既成概念に挑み、秩序に立ち向かいました。タグ・ホイヤーがメンズ腕時計の典型的なイメージに挑戦したように。
1942年シアトル、1970年ロンドン:27年の短い生涯で彼は楽器と人生を限界まで押し上げました。デビューからその死までの4年間で彼は革命を起こしました。完璧で美しいだけのサウンドはもう鳴らさない。彼のサウンドは今まで誰も聴いたことがないような、音の歪み、ファズ、フィードバックなどの生き生きとしたサウンドが魅力的に調和していたものでした。

高揚感をもたらすサウンド、至福のノイズ、それはまさしく解き放たれた自由な音楽。そして時代のサウンドトラックとなりました。 ジミは当時のエレクトリックギタリストたちを遥かに超えたレベルの高い技を築き、電子機器を使った実験も限界を恐れず攻め込んでいきました。彼が普通と違ったのは、誰よりも練習を重ねたからでも、誰もがTシャツにジーンズ姿だった時代に、ひとりベルベットのパンツに宝石をちりばめたベストを着ていたからでもありません。またはアメリカ・インディアンの血の入ったアフリカ系アメリカ人であることが、公民権問題に取り組むアメリカにおいて人種の域を超えていたからでもありません。彼が他と異なっていたのは、すべてを逆さまにひっくり返したからなのです。文字通り彼は、右利き用のストラトキャスターをひっくり返して左用に弦を張り直しました。ウッドストック・フェスティバルのクライマックスでアメリカ国歌 "星条旗"を演奏し、愛国的な国歌を反戦の賛歌と変えました。彼は自分の限界を認めず、何があっても決してあきらめない先駆者でした。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。