ジェンソン・バトン ナイト

成功へのユニークな道

「何をしようと、それがスポーツであれ、仕事であれ、心から欲すればそれは自分のものになる。」

ジェンソン・バトンが現れる以前、二枚目俳優のようなルックスと魅力を持つドライバーは真のドライバーとして見なされにくい現実がありました。取り巻きを押しやって勝利を掴みにいくという、精神的な強さや意欲、真剣さが欠けていると思われていたのです。 バトンによってドライバーは自身の持つクオリティー、すなわち勝てる能力と決してプレッシャーに負けない強さで評価されるようになりました。

タグ・ホイヤーのように…

ジェンソン・バトンはフォーミュラ1で最もなめらかな走りを見せるドライバーです。非の打ち所のないレース運びを誇り、最大級のコーナーさえも不思議な感覚で走り抜けるのです。
8歳でカートを始めた頃からそれは現れていました。2006年に初めてグランプリで優勝した時も2009年のシーズンで前半7レース中6レースに勝利し、ワールドチャンピオンとなった時もクールで落ち着いたハンドルさばきを見せています。

完璧なギアのコーディネーション、非常に気品あるスロットルの動き。750hpのマクラーレン・メルセデスに体を沈め、時速200マイルに加速する瞬間も同じです。15年目のフォーミュラ1を迎えた彼は、優勝15回、表彰台に上がること50回を誇り、サーキットで最も知的なドライバーの一人として進化しました。そしてグランプリでの250を超えるスタートは史上3位という、最も経験豊富なドライバーの一人でもあります。自分より若いドライバーたちよりも努力を重ね、ストレス解消のためのトライアスロンも続けています。バトンは疲れを知らない競争相手であり、限界を認めない先駆者、そして何があっても決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。