ジャン=ミシェル・バスキア 野生児

成功へのユニークな道

「初めから自分の目標は高く持つ。人がどう思うかなんて気にしなかった。自分の作品自身に語らせ、そして批評家を完全に黙らせるんだ。」

ジャン=ミシェル・バスキアが現れる以前、ストリート・アートと「本物」のアートの間に引かれた線は決して超えることのできないものでした。落書きは単なる汚損であり、野蛮行為でした。

バスキアによってストリート・アートはギャラリー・アートとなり、最も人気のある現代芸術の一つとなりました。彼は、瞬く間にトップに上り詰めてもそれに溺れることはありませんでした。アート市場のプレッシャーに決して負けることなく、絵に対する燃え盛るほどの情熱を変えることもありませんでした。バスキアにとって常にアートがすべてでした。

タグ・ホイヤーのように…

バスキアが従来の芸術的価値観に挑戦して道端の落書きをギャラリーに変えたように、タグ・ホイヤーもウォッチメイキングの価値観に挑戦しました。
バスキアは、たとえそれが行き過ぎであったり早すぎたり、すぐに消え去ってしまうものだったとしても、他人が押し付けたがるカテゴリーや限界を嫌い、決して受け入れようとしませんでした。何か言いたいことでもあるかのようにスプレー缶を持ち歩くその辺のブルックリンの子供のようには決してなりたくはなかったのです。

15歳の頃から度々公園のベンチで寝泊りしていたバスキア。彼のルーツはストリートにありましたが、ピカソやウォーフォールと友人であり、そして不朽の名を残すことを運命づけられたような人物でした。1960年に生まれ、薬物使用過多で1988年に命を落とした、ハイチとプエルトリコの血を引くブラックアメリカンのバスキアは、常にそれ以上のものを持っていました。活動家、パフォーマー、ミュージシャン、作家。そして何より彼はアーティストでした。持ちうるエネルギーのすべてと野心を、作品そして文字とイメージの複雑な構成の中に注ぎ込みました。作品は全部で800。これらが世の中の絵画を見る目、絵画に対する考え方を変えることになったのです。風刺的かつ象徴的、政治に鋭敏で社会を見据えた彼のキャンバスからは時代のアドレナリンに満ちたスピリットがほとばしり、彼をスターへと押し上げました。絵の具の飛び散ったオーダーメイドスーツに身を包んだドレッドヘアの野生児が、世界の名高いギャラリーや美術館に現れたのです。しかし彼が毎日作品に込める熱意は永久に変わることはありませんでした。彼のヴィジョンと才能とともに、ひたすら成長し続けるのみでした。タグ・ホイヤーのアンバサダーとして完璧ではありませんか。バスキアが従来の芸術的価値観に挑戦して道端の落書きをギャラリーに持ち込んだように、タグ・ホイヤーもウォッチメイキングの価値観に挑戦しました。バスキアは限界を認めない先駆者であり、何があっても決してプレッシャーに負けなかったのです。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。