ジャック・アンドラカ 天才児

成功へのユニークな道

「最も優秀な者は、常に最も決意の固い者である。」

ジャック・アンドラカの現れる以前、勤勉で得意科目のある早熟な学生がAの成績を取っていました。そういった学生が本当に優秀であれば、大学にも早く進学できるはずです。

将来数えきれないほどの人命を救うことになるかもしれない、膵臓がん検査方法でジャックが賞を獲得したことにより、個人は年齢ではなくそのアイデアと物事にどれだけ貢献できるかにより評価されるようになるでしょう。

タグ・ホイヤーのように…

17歳にしてすでにジャック・アンドラカは慣習に立ち向かい限界を認めない真の先駆者であり、何があっても決してプレッシャーに負けない少年でした。
1997年メリーランドのクラウンズビルに生まれたジャック・アンドラカは、医学の歴史に名を残す可能性があること以外は、ごく普通のアメリカ人のティーンエイジャーです。愛する者を脾臓がんによる発作で亡くしたジャックは、これを単なる人生の悲劇として、そして自分ではどうすることもできない事として受け入れることができませんでした。

インターネットでこの病について調べたジャックは、早く死を招く理由の一つが従来の検知技術では時間とコストがかかり過ぎ、信頼性も低いからであることを知りました。初めはインターネット上で、次は両親のガレージで、ジャックは研究をさらに進めていきました。人間の体に存在する8000種類のタンパク質を分類して膵臓がんのバイオマーカーとして働くものを探し出し、がんの存在を検知する方法を見つけました。彼の研究に助けが必要になり、200人の科学者たちに研究室の一部を貸してもらえるようリクエストを送ったところ、199通の断りの手紙を受け取った後でただ一通、ジョン・ホプキンス・メディカル・センターの医師からよい知らせが届きました。7ヶ月の間、放課後と週末、誕生日もクリスマスも彼は母親の運転する車で毎日研究室に通いました。そしてジャックは発明を完成させたのです。たったの3セントでできる抗体検査は5分で終わり、精度は100%です。スミソニアン・アメリカン・インジェニュイティー・アワードとISEF・ゴードン・E・ムーア賞を勝ち取ったジャックの業績はいつの日か膵臓がんだけではなく、子宮がんや肺がん、その他のがんのリスクを低下させることにつながるかもしれません。すべては一人の固い決意を持った高校生が革新的なアイデアを温め、現実となるまで決してあきらめなかったおかげです。ジャック・アンドラカ、科学者であり、発明者、そしてがん研究者。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。