FIA フォーミュラE チャンピオンシップ よりよい世界に向かって走る

成功へのユニークな道

完全電化のFIA フォーミュラE・チャンピオンシップの核心である「E」バリューは、エネルギー、環境(Environment)、そしてエンターテイメントです。これは単なるレースを超えて、エンジニアリング、テクノロジー、スポーツ、科学、デザイン、そして音楽のフュージョンであり、よりよい未来に向かった変革を遂げようとしているのです。 アレハンドロ・アガグ、フォーミュラE CEO

FIA フォーミュラE・チャンピオンシップが登場する以前、電気自動車とはショッピングカートに似た魅力を持つものでした。素晴らしいアイデアではあるけれど、スピードやスリルや興奮は存在しませんでした。 2014年9月より、ロンドン、北京、ロサンゼルス他、世界各地の7つの大都市の市街で、速くて楽しい未来を垣間みることができます。

タグ・ホイヤーのように…


きつく危険なコーナーで2台の車を抜こうとしているレーシングカーのタイヤがきしみ、エンジン音が80デシベルでうなります。世界一のドライバーたちならうまく切り抜けられます。最高峰の自動車メーカーとモータースポーツのコンストラクターによって航空グレードのカーボンとアルミニウム、ケブラーを用いて作られたその車も世界一です。

スピードは時速225km。0から100kmの加速はわずか3秒。それでも車体が揺れる。ものすごい重力に押されてドライバーたちは頭が引き抜かれるほどの力を感じながらさらに速度を上げる。ランドマークをものすごいスピードで通り過ぎ、グランドスタンドの観客が飛び上がるほどまっしぐらに走り抜ける。モーターレースの素晴らしく痛快な体験の、クラシックな要素がすべて詰まっている。たった一つを除いて。排気ガスがない。煙が全く排出されていない。ガソリンのにおいもない。透き通った空気、排ガスゼロのマシンは環境保全テクノロジーの奇跡。FIA フォーミュラE チャンピオンシップは世界初の完全な電気自動車のレーシングシリーズです。スイスの時計メーカー、タグ・ホイヤーは設立パートナーです。長い間自動車やモーターレースへ情熱を注いできたブランドにとって、フォーミュラEとチームを組むことは深い関わりを持つレースの遺産とサステナビリティーへの貢献が活かされる意味でも論理的な次のステップとなります。スイスにあるタグ・ホイヤー施設の屋根には、太陽光発電パネルが供えられています。2010年にはテスラモーターズとともに初の100%エレクトリックGTによるワールドツアーを行ないました。そして今回世界で最も新しく、革新的なオープン・チャンピオンシップに関わることは大変な名誉です。エンジニアリング、テクノロジー、スポーツ、科学、そしてデザインのフュージョンである先駆的なイニシアチブは、タグ・ホイヤーと同じようによりよい未来に向かった変革へとつながるのです。

詳細を読む