ファンジオ エル・マエストロ

成功へのユニークな道

「常に一番になろうと努力するべきです。でも決して一番になったと思ってはいけないのです。」

ファン・マヌエル・ファンジオが現れる以前は、30代も中頃のF1ドライバーが一つでもレースに勝つには歳を取りすぎていると思われていました。ましてワールドチャンピオンシップなどは言うまでもありません。

ファンジオが初めてF1に参戦したのは37歳の時でした。勝ち続けて5回もワールドチャンピオンとなった彼が証明してくれたのは、レースに勝つためには歳は全く関係がなく、ひたすら根性と才能、一番になりたいという欲求、そして決してプレッシャーに負けない能力が大切であるということです。

タグ・ホイヤーのように…

ファンジオはF1で5回ワールドチャンピオンとなったことで伝説となりました。素晴らしいスキルと大胆さを披露して達成した最高のトラックレコードを持つ、史上最も偉大なドライバーです。
彼は自分の領域における限界を再定義し、決してプレッシャーに負けませんでした。タグ・ホイヤーのように。   彼の初めてのレースは1929年、18歳のときに母国アルゼンチンの汚れた道でフォードのタクシーのハンドルを握った時のことです。その後すぐに彼は最も危険な耐久レース、10,000キロメートルの曲がりくねった山道をピットストップもメカニックも無しに、アンデス山脈を超えてブエノスアイレスからペルーのリマまで走りまた戻ってくるという狂気的なレースで優勝を果たします。

グランプリの魅力に誘われてヨーロッパに渡ってから彼のモータースポーツにおける輝かしいキャリアが始まりました。ワールドチャンピオンシップ・グランプリでは52回のエントリーのうち24回優勝と29回のポールポジション、48回のフロントロー・スタート。これほどの数字を3つ並べられるのは彼をおいてはいません。またアルファ・ロメオ、フェラーリ、メルセデス、マセラティと4つものチームでワールドチャンピオンを獲得していますが、マセラティに所属していた時には最悪の経験をしています。1952年にモンツァのレースで宙を舞うほどのスピンアウトを起こし、首を骨折。このクラッシュは年齢からきたものではなく、ベルファストのレースに続くコネクションを逃して前夜にパリからノンストップで運転をした疲れから起きたものでした。死の瀬戸際から生還したファンジオは翌シーズンのグランプリでは総合2位となりました。さらに4つのワールドチャンピオンシップに出走し、最後は1957年46歳の時でした。80歳を過ぎても運転を続けましたが、年齢制限で運転免許証を取り消されたときには免許交付課に、ブエノスアイレスとマル・デル・プラタ間400キロメートルのレースを挑みました。勝者は?エル・マエストロ、先駆者、グレードドライバーを追求し車を走らせ、限界を認めず、決してプレッシャーに負けなかったファンジオです。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。